2007年01月20日

ジグソーパズルで文字学習

ジグソーパズルが自作できます。
こりゃスゴイですよ。おまけにそのパズルを何秒でできたかのランキングもあります。http://www.jigzone.com/
とにかく、下のをやってみてください。

念のため言っておきますが、この言葉は「難しそうな漢字」の例で出しただけであって、そういう趣味はないです。
本当は平仮名でもいいんですが、字がないスペースが広すぎるとちょっと難しくなりそうですね。左の方の「Change Cut」をクリックすると破片の数を6個から数十まで選べますから、平仮名学習には最小の6個のものがいいと思います。

「auto solve」のボタンを押すと、自動的に動いて完成してくれますので、文字の導入の時にも使えるかもしれません。「最初に読めた人が勝ち!」とか言うと、楽しくなりそうです。完成しても誰も読めなかったら、もう一度導入からやりなおしましょう。

上記のは「Fixed size」という設定でしたが、はみ出ているので、今度は「Overflow a narrow layout to fill the page width」という設定でやってみました。

うわ、確かにオーバーフローしてる。

今度は「左にオーバーフローする」の設定で。


最後は「Stretch to fit」


文字認識だけではなくて、特定のフレーズを覚えさせるのにも役に立ちそうですね。

2008.2.14追記
ひらがなを全部ジグソーパズルにしました。使いたい方はどうぞ!
http://mongolia.seesaa.net/article/32006119.html
posted by 村上吉文 at 06:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
これはすごい!!
おもしろい!
・・・・と同業者でありパズル好きである私は素直に感動してしまいました。

で、最近パズルにはまっているというウワサの「わが子」のために自作パズルを・・・という親心が、この『教材発見』の出発点になっている・・というのも、また泣かせますね。
Posted by パズル好き at 2007年01月21日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック