2007年01月09日

WWKanji

前に紹介したサイトからリンクされているページですが、使ってみましたのでご報告します。http://nihongo.isc.chubu.ac.jp/komori/wwkanji/jkanjiopen.html
kanji.jpg
(トップページはこちら http://sugiura5.gsid.nagoya-u.ac.jp/komori/wwkanji2k/wwkanji2056.html)

まず、左上の空欄に漢字を入力して、エンターキーを押します。画像では手書きでない「川」の字が入っているところです。これは私が入力しました。

この時点で、その右側の空欄に、手書きの「川」の字が表示されます。このときは一瞬で表示されてしまうのですが、その下の「model」というボタンを押すと、書き順に従ってアニメーションで表示されます。

ここまでなら他にも似たようなサイトは見た記憶がありますが、面白いのはそのあと。一番右の大きなスペースにマウスで手書きをしてみると、それを採点してくれるのです。採点してもらうには、書いた後に「finish」のボタンを押します。

書き順に関しては○か×かの評価ですが、字がモデルに似ているかどうかは百分率で表示されます。が、計算式はあまり厳密なものではないようで、気合いを入れると、今回の画像のように100を越えてしまいます。

アルゴリズムやらそういうことは、ここで作者が説明しています。
http://nihongo.isc.chubu.ac.jp/komori/wwkanji/JKanji/jkanji_readme.txt

別のページによると、97年から公開されているのだそうです。
やる人は、ずっと前からやっているんですねー。というか、こういう研究的な取り組みに、やっと時代が追いついてきたということなのかな。
posted by 村上吉文 at 08:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントできるかの実験。
最近、ここまで来ている形跡はあるのに、コメントは全くないので・・・。
Posted by 管理人 at 2007年01月09日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック