2012年12月24日

学びの「身体性」って?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


よく、e-ラーニングとかデジタル教科書などの議論でこんなことが言われます。

「デジタルにすると身体性がなくなってしまうから、子どもの学習には向いていない」

ネットを「身体性の欠如」などのキーワードで検索してみると、『インターネットについて―哲学的考察 (Thinking in action)』という本を引用して同じような批判をしている人もいるようです。
ただ、こういう議論って、どうもiPadとかAndroid端末とかをろくに使ったことがない人が書いているような気がしてならないんですよ。というのも、こうしたタッチパネルを利用した機器による学習は、キーボードとマウスを使って学習するのとは根本的に違う体験だからです。

確かに、キーボードの「A」を押してスペースキーで「あ」に変換してEnterキーで確定したとしても、それは自分の体で書いたというような感覚にはならず、「あ」という字型を覚えるのには効果的ではないかもしれません。また、マウスで画面に字を書いたとしても、マウスを動かす手の動きと画面の中のポインタの動きが直感的にはつながらないため、身体性が欠如しているという批判は理解できます。

でも、自分の指で10インチのタブレットの全面に大きく「あ」と書いても同じですか? 

キーボードやマウスはもちろん、鉛筆という媒介すらなく、直接指で書けるのです。また、紙と違って面積がコストにならないために、10インチの画面に10回でも20回でも書くことができます。

同じ事をアナログでやろうとしたらどうでしょう。絵の具を指につけて、ひとつの文字のためにノートを10ページも20ページも使って練習することが実質的に可能ですか?

あるいは、まだ握力もそれほど強くない子供にとって、鉛筆という慣れない道具を握りしめて、小さなコマに字を書きこむことが、それほど身体性の高い直感的な学びなのでしょうか。

うちの娘は任天堂DS(タッチパネルがあります)でひらがなを覚えました。今はiPadで漢字の練習をしています。自分のために買ったタブレット端末を子どもに奪われてしまっている多くの親にとっては、これは特別な実験室での事例でも何でもなく、どこの家庭でも見られる日常的な光景にすぎないことがご理解いただけることでしょう。

実際、理屈でなく感覚で学ぶしかない子供たちが、このようにデジタルな学びに取り組むことができているのです。こういうごくありふれた光景は、「デジタルは身体性が欠如しているから学びにふさわしくない」というような主張が間違いであることを私たちにさりげなく証明して見せているのではないでしょうか。



【最近のつぶやきから】

Thu, Dec 20



Powered by twtr2src.

Fri, Dec 21


  • 15:04  みんな集まれ!ウォールチャットがスタートしたところですよ。 (52) 第1回 DOW ダウpresented by デジ教研 http://t.co/eJ30zt50


Powered by twtr2src.

Sat, Dec 22


  • 07:08  これならエジプトでも販売されるかも。 / “Googleが約8400円の廉価版Nexus 7を2013年に新興市場向けに出荷か - GIGAZINE” http://t.co/9NLMlVLS

  • 13:35  「東アフリカの日本語教育の発展をめざして〜第一回ケニア日本語教育会議」| をちこちMagazine http://t.co/D1ncQQ3R via @jun_arisue #日本語教育

  • 14:47  「イランにおける日本語教育と今後の展望・課題」 - ソフィアのWebページ http://t.co/p64ydpsD

  • 21:07  これは外国人用の日本語の教科書なんでしょうかねー。今月の新刊。榎本 秋「これだけは覚えておきたいライトノベルのための日本語表現」 http://t.co/EyQh9ZwB


Powered by twtr2src.

Sun, Dec 23


  • 05:44  RT @Japanfoundation: 国際交流基金の日本語教育支援部で嘱託職員を募集 http://t.co/9xO0PM7q 日本語専門家の海外派遣や海外日本語教育拠点における事業企画・助成等にかかる実務を行います。応募締切:2013年1月4日

  • 06:10  機能的にはOCRと電卓をくっつけただけなのに、なんか、すごいな。アプリ化でOCRと組み合わせれば、まだまだいろいろと新しい発想が出てきそう。 / “MyScript Calculator :電卓の常識が変わった!これからは手書きで計算…” http://t.co/jFPn091p

  • 16:23  じゃあ今の一斉授業は全員が「得意」で落ちこぼれなど一人も出ていないのかね?「動画を観て学ぶことが好きな人もいれば、苦手な人もいる。このように好き嫌い、得意不得意が分かれてしまう教育は難しい」 / “「TEDee@ITmedia」レポー…” http://t.co/Ai7X9e5U


Powered by twtr2src.
posted by 村上吉文 at 12:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ゲームかなぁ ひらがな 覚えたんですね スゴイですね。私は タイピングを 文章や単語が 好きなので 遊びで メモに 自分の名前からかなぁ〜 最終的に ゲームで 遊んで 覚えたかなぁ?任天堂 学習 で プログ検索中です
私は ゲームに詳しくないけれど
ゲームで この学歴社会の勉強を 遊びのように できたら おもしろいと 思うけれど
どうなのかなぁ?最近のゲームは シューティングもの バトルものが 多いのかなぁ?過激なもの 刺激的なものが 多いかなぁ
人の精神構造は どうなるかなぁ?
ゲーム同好会(名前検討中
Posted by 村石太あ at 2013年01月11日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック