月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2012年07月19日

誰も教えてくれない再稼働のリスク


【(cc) NODA Masaya / JVJA】

革命中のタハリール広場の写真のようですね。毎日タハリール広場を通って通勤している身としては見慣れた光景でもありますが、東京の人にとってはかなりインパクトがある映像なのではないでしょうか。

ただ、ちょっと気になっているのは、「停電は嫌だ」とする原発推進派と、「原発は嫌いだ」とする反原発派の間にあまり議論らしい議論が見えてこない点です。推進派は「停電すると人が死ぬ」というし、反原発派は「稼働すると人が死ぬ」と主張し続けています。

普通だったらここで、「じゃ、死ぬのが少なくて済むのはどっちなの?」という議論になりますよね。今僕は海外にいて日本のテレビなどは見ていないんですが(まあ、日本にいてもテレビなんて見ないけど)、海外でネットを通して情報を集めている限りでは、どうも「どちらの方がリスクが高いのか」という定量的な議論が全然見えてきません。

それでちょっと前にブログに書いてみました。定量的にリスクを比較したデータはありませんか、と聞いてみたのです。
 「むらログ: 大飯原発再稼働反対のデモ、ずいぶん盛り上がっているみたいですね。」
 http://mongolia.seesaa.net/article/279468424.html
このリンクを見れば分かりますが、コメントでも反原発派の方は根拠を質問しても返事はありません。一方で、別に人がコメントしてくれたリスク評価の資料は、推進派を支持する内容になっています。

しかし、本当にそうなんですかねえ。そんな基礎的なデータもなく、情緒だけであれだけ大量の人間が反原発運動に動員できてしまうものなんでしょうか。

ブログでは情報が得られなかったので、今度はこちらから関係者たちに質問してみました。

まずは有名な反原発ジャーナリストの岩上安身さん。
@iwakamiyasumi 岩上さん、お疲れ様です。突然で申し訳ないのですが、停電のリスクよりも再稼働のリスクの方が高いと人を説得できるデータをお持ちだったら教えていただけませんか?
https://twitter.com/Midogonpapa/status/222051573730263041 
残念ながら返事はありませんでした。お忙しいのかもしれません。こんな当たり前の質問に答えている暇なんかないのかもしれません。

それで、次に市民活動家らしい方に質問してみました。
@TwitNoNukesOsk お疲れ様です。突然で申し訳ないのですが、停電のリスクよりも再稼働のリスクの方が高いと人を説得できるデータをお持ちだったら教えていただけませんか?https://twitter.com/Midogonpapa/status/222051398618066944 
この方は他の人とはやりとしていますが、僕の質問には答えてくれませんでした。

最後に、原子力情報資料室に質問してみました。
再稼働反対デモ、もりあがっているみたいですね。
ところで、大飯原発の再稼働によるリスクと、再稼働しなかった時のリスクを客観的に比較した資料などはありませんか? 海外在住なので、オンラインで閲覧できるものがありましたらご教示のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.facebook.com/CNICJapan/posts/306346576127200
 ここはこの一ヶ月で読者からの投稿は僕のものも含めて3つしかありません。でも、ご自分からの情報提供はたくさんしているのに、僕の質問には答えてくれませんでした。

それで、再稼働に反対している人たちは原発の危険性を危惧しているが、「再稼働しない方が安全である」という理論武装はしていないらしい、と認識するに至りました。つまり、再稼働すると危険であるとは認識しているものの、再稼働しない方がもっと危険かもしれないということについては、客観的に比較がなされてないのではないかと思っています。

それで、素人なりに計算してみました。本来ならこういうことは僕の仕事ではなく、マスメディアなどがやるべきだと思うのですが。(やってはいるのでしょうけど、見つけられませんでしたので、教えていただければ幸いです)

これはあくまでも大雑把な「たたき台」ですので、ここから数字をもっと正確にしたり、他の要素を入れたりして、きちんとしたリスクの比較にしていただければと思います。著作権はクリエイティブ・コモンズにしていますので、無断でコピーして構いません。


原子炉の数
世界には2011年の時点で602基の原子炉があるそうです。
ichiran2011_reference.pdf http://bit.ly/NhqTJb

事故の数
今まで原発事故は小さな物も含めたらいくつもありますが、メルトダウンまで行ったのはチェルノブイリの1基とスリーマイルの1基と福島の3基だけだということにしましょう。つまり5件。

死者の数
チェルノブイリの死者は公式には33名となっていますが、ここでは国連(IAEA)の4000人を入れておきましょう。福島でもスリーマイルでも、死者は出ていませんので、合計4000人。

死者の平均
4000人をメルトダウンの5で割ると800人。つまり、この大雑把な計算では、1基がメルトダウンしたら800人が死ぬということになります。

事故の起きる確率
商用発電の始まり(1956年のイギリスのコルダーホール発電所)から今まで56年でメルトダウンは5基。
仮に56年で一直線にゼロから602基まで原子炉が増えたとしたら、その間の平均は半分の301基ですよね。
そうすると母数301基の原子炉が今まで56年で5回メルトダウンしたってことになります。
ということは301基を5で割って、60基に1基が56年でメルトダウンしたということになります。
大飯原発は2基が稼働していますから、リスクは2倍。つまり56年稼働したら30分の1の可能性でメルトダウンするというわけですね。うわ、意外とヤバイ感じ。

1基あたりの死者
上と同じように301基の原子炉が56年稼働している間に4000人死者が出ているので、4000人を301基で割って、1基あたりにつき13人。大飯原発は2基稼働しているので、合わせて26人。つまり、このまま2基を56年間稼働すると平均26人が死ぬリスクがあるということになります。

1年あたりの死者
26人を56年で割ると、1年あたり0.5人弱の死者が出ます。
停止まで2年ちょっと稼働したと仮定して、1名の死者が出る計算ですね。

停電したら
さて、ここからは停電のリスクを考えてみたいです。
突発的な停電と計画停電は分けたほうがいいと思うので、まずは突発的な停電の場合。
母数と死者の数が明記されているのは、僕が見た限りでは有名なニューヨーク大停電と東日本大震災の宮城の余震による停電だけでした。

死者の確率
ニューヨークでは5000万人が被害を受け、死者は4名でした。
宮城では400万戸が停電し、死者は2名でした。日本の一世帯当りの平均人員は、2010年時点で2.46なので400万戸=1000万人で2名と考えていいでしょう。
ニューヨークと宮城を合わせると6000万人に6名が死亡ということで、要するに1000万人に1名が死ぬということになります。

関西電力のカバーする人口
ウィキペディアで関電のカバーする地域とその人口を検索しました。
京都 2,625,563人
大阪 8,861,443人
滋賀 1,413,590人
兵庫 5,568,403人
奈良 1,391,040人
和歌山 989,983人
正確には関電がカバーする地域にはこの他に福井と三重と岐阜の一部が入って、兵庫の赤穂市が抜けるのですが、お互いに相殺するとしましょう。そうすると上2桁しか計算してないんですが、合計2050万人ですね。大停電では1000万に1名が死ぬ計算ですから、仮に関電の管轄する全域が停電するような事態になれば、2名の死者が出ると予測されます。

大飯原発再稼働と突発的な停電のリスクとの比較
ちょっと上で計算したように、大飯原発の再稼働では平均1年で0.5名の死者が出ることになっています。関電の全域で大停電になれば2名、つまり4倍です。ということは再稼働しないことによって必ず全域が停電する事故が起きると仮定すれば、再稼働しない方が4倍危険だということになります。でも、かならず大停電が発生するとは限りません。1年以内に大停電が起きる可能性が4分の1ちょうどのとき、両方のリスクは同じです。それより大きければ再稼働した方が安全です。逆に大停電の可能性が4分の1より小さければ、再稼働しない方が安全です。4分の1より大きいのか小さいのかは、僕にはわかりません。

計画停電の死者
では、突発的な大停電ではなく、計画停電ではどうなのでしょうか。震災直後、関東圏での計画停電では、3月16,17,18日の三日間で須藤武志さんと斎藤竜希さんという方が2名、亡くなっています。いずれも交差点で信号が消えたための交通事故です。

計画停電の範囲
上記の3日間では、最大1090万世帯で計画停電が実施されたそうです。1世帯あたりの人数2.46人をかけると2680万人ですから、そこで2名死亡ということは、半分の1340万人に1名が死亡するということになりますよね。

関西の計画停電の場合
関電の計画停電のことは検索していないんですが、上に書いた「関西電力がカバーする人口」の2050万人を対象に震災直後の関東圏と同じように3日間の輪番制の計画停電を実施した場合、2050万人を上記の1340万人で割って、1.53人が死ぬということになります。(関電の全域が計画停電になるのかとか、3日間で済むのかといった仮定は未検証です。)

計画停電と再稼働のリスクの比較
ちょっと上の方で、再稼働のリスクとして、「2年ちょっと稼働したと仮定して、1名の死者が出る」と書きました。関電が全域で3日間の計画停電をした場合、1.53人が亡くなるので、仮にニューヨーク大停電のような突発的な停電事故が起きなくても、再稼働によってそういう規模の計画停電になるのでしたら、却って死者が増えるということになります。

最後に
さて、いろいろ書いてきましたが、僕は一介の日本語教師に過ぎず、原発のリスク計算ということに関してはまったくのド素人です。今回の計算でも以下のような点が未検討です。
・IAEAによるチェルノブイリの死者数4000人という数字は、もっと少ないという立場ももっと多いとする立場もある。
・再稼働しなかった場合に関西で突発的な大停電が起きる確率が分からない。
・再稼働しなかった場合に現状よりも更に増える計画停電の規模が分からない。

繰り返しますが、今回の計算は「もしかしたら誰も計算してないの?」という危惧から、素人ながら計算してみたものです。もうちょっと専門的な立場の人がこれとはまったく別に計算してくれたら助かりますし、そういう人達が何らかの事情で計算しないのでしたら、これをたたき台にして、もっと正確なリスク計算にしてくれても結構です。

さて、僕が言いたいのは、「ちゃんとリスクを比較して行動しましょう」ということです。陸上にはライオンがいるから川の中を歩いて行きましょう、と言って水の中のワニに食われてしまったら嫌ですよね。ワニのことを考えないで水の中にズブズブ入っていってしまっていいんですか?ということです。

僕自身も、もし再稼働を阻止した方が日本のためになるのなら、ぜひ協力したいと思います。「原発のない日本」ってかっこいいですよね。今のところどうもその方がいいと信じられる根拠がないのですが、そのためにも、きちんとリスクを定量的に考えてみたいと思います。ぜひ、みなさんもこうやって考えてみて、それをシェアしていただければと思います。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


【参考】
失敗事例 > ニューヨーク大停電
http://www.sozogaku.com/fkd/cf/CZ0200723.html

宮城で震度6強、一時400万戸停電…死者も : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110408-OYT1T00451.htm
(酸素吸入器)、(ろうそく(死亡はしていない)

計画停電中 信号機消えた交差点で交通事故死  ― スポニチ Sponichi Annex 社会
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/17/kiji/K20110317000442870.html

計画停電:交差点で死亡事故2件、重傷事故2件…警察庁
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110319k0000m040064000c.html

【東日本大震災】釜石で入院患者8人が死亡 停電でたん吸引できず 岩手
岩手日報 (2011/03/19)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110319_7

【東日本大震災】 停電のため発電機使用の夫婦、一酸化炭素中毒死か…埼玉
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110313-OYT1T00202.htm

つなごう医療 中日メディカルサイト | 東日本大震災の関連死、5県1331人 阪神を上回る
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120305140016684

日本ALS協会福島支部「資料 東日本大震災による停電対応に関する福島県・宮城県の患者会報告と関連通達」
http://www.arsvi.com/2010/1203nakf.htm

チェルノブイリ原子力発電所事故 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85#.E6.AD.BB.E8.80.85.E6.95.B0

【最近のつぶやき】

Tue, Jul 17


  • 00:40  2012年07月15日の記事一覧: (全 2 件)1. 7月15日のツイート 2. 7月16日のツイート http://t.co/TS05XFZT

  • 03:26  起床!ただいまカイロ時間三時二十五分。今朝は70.2kg。今日もクリック募金に参加しました! http://t.co/dZ62xr62 #クリック募金

  • 04:28  “ YouTube - Learning japanese with anime? Yes! ” http://t.co/Oefbf5za

  • 04:43  RT @icjle2012: #日本語教育 国際研究大会,いよいよ明日,7月17日(火)23:59で,以下の受付を締切ります。お友達に拡散希望です。 「早期登録(2)(割引)」「スタディツアー」「冊子版予稿集」「弁当」「特別企画イベント」申込み。 #ICJLE2012

  • 04:46  日本の学会もソーシャルメディアを積極的に使うようになって来ましたね。ハッシュタグも決められています。よい変化だと思います。 https://t.co/cYzoVxqx

  • 08:29  【更新】 僕の情報発信術04 整理して二次アウトプット:  前回まで、情報収集とその整理の方法を書いてきました。最後に、それをどうやってアウトプットしているかをご紹介したいと思います。 第2回で「twitterをデータベース... http://t.co/xVvld3As

  • 08:49  I'm at Tahrir Square (Cairo) w/ 3 others [pic]: http://t.co/8tFRXMbO

  • 09:22  RT @Japanfoundation: 国際交流基金の日本語試験センターにて嘱託職員を募集しております。http://t.co/D16KB37o 応募締切:8月30日 日本語能力試験の海外での実施に関連する業務に携わっていただきます。

  • 20:02  今夜もタハリール広場では集会中。 すごい熱気です。 #egyjp (@ Tahrir Square) [pic]: http://t.co/h2qk60NW


Powered by twtr2src.

Wed, Jul 18


  • 00:42  2012年07月16日の記事一覧: (全 1 件)1. 7月17日のツイート http://t.co/QZG8v2Nw

  • 03:27  起床!ただいまカイロ時間三時二十五分。今朝は69.6kg。朝から蒸し暑いな。今日もクリック募金に参加しました! http://t.co/dZ62xr62 #クリック募金

  • 08:50  I'm at Tahrir Square (Cairo) [pic]: http://t.co/HnWH2v4R

  • 11:30  一ヶ月前に桑田佳祐さんがYouTubeチャンネルを開いていたんですね。 / “KUWATAKEISUKEch - YouTube” http://t.co/m3DIbthL

  • 20:04  まさにこういう写真を探してたんだよねー。何百枚も見た盆踊り写真の中の一枚。クリエイティブ・コモンズです。 / “R0012109 | Flickr - Photo Sharing!” http://t.co/kKF9sZ0o


Powered by twtr2src.
posted by 村上吉文 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 主張 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック