月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2012年04月24日

ツイッターで日本語学習(4) ハッシュタグで渦中に飛び込む

ツイッターで日本語を学ぶとき、単にツイッターに書き込みをしただけではコミュニケーションは生まれません。日本人と日本語でコミュニケーションするために必要な方法の一つが4月16日の本欄でご紹介した、趣味の合う人をフォローすることです。こうすると相手からもフォローしてもらえ、自分から相手にコメントする形でなくても、読んでもらえるようになる可能性が高くなります。

しかし、もっと簡単なのがハッシュタグというものを利用することです。これは文中に「#egyjp」というような文字列を入れると、それが自動的にリンクになり、そのリンクをクリックすると同じ「#egyjp」という文字列を入れた発言の検索結果が現れるようになっている仕組みのことです。

この仕組を利用し、共通の話題について話し合うときには、特定のハッシュタグが自然発生的に決まり、そのハッシュタグを使って情報交換がされたり、喧々諤々と議論が巻き起こったりするのです。前回までの「検索してフォローする」「RTして賛同を示す」という方法が個人的にお友達を作る方法だとすれば、ハッシュタグは社交界デビューのような意味があります。

たとえば、エジプトについて語るときは初期には「#egypt」というハッシュタグが使われていましたが、これだといろいろな言語が入り乱れて使いにくいので、日本語でエジプトについてツイートするときは「#egyjp」というハッシュタグが使われるようになりました。

以下のリンクは、#egyjpというハッシュタグをクリックすると現れるページです。https://twitter.com/#!/search/realtime/%23egyjp
現在では24時間以内に10個ぐらいのツイートがありますが、この授業をしていた頃はまだエジプト革命直後で、しかも震災によりマスメディアに中東関係のニュースがほとんど載らなくなってしまったために、却ってこのハッシュタグはいろいろな発言が飛び交っていました。

日本語教師の皆さんがツイッターを使った授業でハッシュタグを活用したい場合は「hashtagsjp - Twitterのハッシュタグ検索・分析」というサイトを使うと、重要なハッシュタグが簡単に見つかります。たとえばここで「エジプト」と検索すると「#egyjp」「#EGYJP」という二つの結果が返ってきます。

さて、前回は「RTして賛同を示す」という授業をご紹介しましたが、この次に行ったのは、いよいよこの「#egyjp」へのデビューです。これは本当にドキドキしました。#egyjpの住人(常連)からすれば、日本語でツイッターの読み書きができるエジプト人が登場するのはかなりのインパクトが予想されましたし、しかも、震災関連の情報で埋め尽くされている当時の日本のマスコミには、エジプトにはかなり限られた情報しか載っておらず、実際のエジプト市民の感情を知ることは非常に困難な状況だったのです。

特に当時心配していたのは、革命後もタハリール広場を占拠しているデモ隊への感情です。多くのエジプト人はムバラク退陣を達成した後はそれぞれの持ち場に戻り、社会の再建のために汗を流していました。そう、当時は警察組織まで崩壊し、自警団を作って治安を維持しなければならない状況で、まさに一度カイロの市民社会は崩壊したのです。ですから、自分たちの持ち場に戻らず、タハリール広場を占拠し続けている一部のエジプト人に対し、その他の多くのエジプト人はかなり冷ややかな視線を注いでいました。少なくともタハリールに残っている人たちを「自分たちの代表である」と認識している市民はかなり少なかったように僕は思っていたのですが、日本にいる人達にはそういった情報がほとんど届いておらず、安易に「タハリール広場にいる人達は早く家に戻ったほうがいい」とツイートしてしまうと、ムバラク政権の残党かと思われてしまう可能性があったのです。また、当時はまだSCAF(最高軍事評議会)に対する市民の信頼も厚く、軍による強制排除で死者が出た後も、「悪いのは家に戻らないデモ隊の方だ」という声がかなりありました。しかし、#egyjpでは「デモ隊こそが市民の代表であり、強制排除した軍はムバラクと変わらないではないか」という論調が主流だったのです。その後の推移を見れば、実は現地のエジプト人より#egyjpの方が正しかったとも言えるのですが、しかし、デモ隊に対する市民の感情についてはまったく共有されていない状況で、エジプト人が日本語で書き込みをすると何らかの摩擦が起きてしまう可能性もあり、「日本人はデモ隊を市民の代表だと認識しているので、まずは礼儀正しく認識の違いを埋めて行かなければならない」ということは口を酸っぱく言い続けました。

まだ色々書きたいこともあるのですが、そろそろ出勤の時間です。この時の授業で使ったスライドを以下にご紹介します。



【参考】
05 #egyjpにデビューしよう!.ppt - Google ドキュメント
https://docs.google.com/presentation/pub?id=1pUDWTnHv_ZXEWwSRufnc787j9bTjRz7RsF3VXVk1OlQ&start=false&loop=false&delayms=3000#slide=id.p4

Twitter / 検索 - #egyjp - 全ツイート
https://twitter.com/#!/search/realtime/%23egyjp

hashtagsjp - Twitterのハッシュタグ検索・分析
http://hashtagsjp.appspot.com/

むらログ: ツイッターで日本語学習(1) なぜツイッターなのか
http://mongolia.seesaa.net/article/264280837.html

むらログ: ツイッターで日本語学習(2)
http://mongolia.seesaa.net/article/264852876.html

むらログ: Twitterで日本語学習(3) 自由で危険な海で泳ぎ始めた学習者たち
http://mongolia.seesaa.net/article/265324823.html
posted by 村上吉文 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/266527512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック