2012年03月17日

日本の漫画の層の厚さ

Some rights reserved by Kentaro Ohno

今度、うちの職場でエジプトの日本マンガファンを相手に「マンガで学ぶ日本語」というタイトルで話をするんですが(たぶん、中継もできます)、その準備としてエジプトを題材にした日本の漫画を調べてみました。それほど隈なく探したというわけでもないので、まだまだほんの一部だと思います。

結果は娯楽漫画と学習漫画に分けて最後に載せますが、僕の想像よりはるかに多かったですね。この層の厚さにはほんとうに驚きました。

そして、日本語を勉強するときに、この「層の厚さ」というのは非常に重要になると僕は思っています。というのも、選択肢が広ければ広いほど、自分の興味にぴったり合う漫画が見つかる可能性が高くなるからです。このブログでも以前にリチャードソンの「最高の教師は、与えられた教師でなく、学習者自身が発見した教師である」という主張を紹介したことがありますが、これは教師だけではなくて、教材にも言えることだと思うんですよね。

みなさんも是非、学生さんの趣味に合いそうなマンガを検索してみてください。出身国の国名で検索してみるのもいいでしょうし、もっと個人的な「茶道」などの趣味をキーワードにしてみても驚くほどの量が出てくると思いますよ。

ただ、海外の学習者のためには日本の電子出版の発展が欠かせず、これはまだ現時点では層の厚さを生かせる状況にはほど遠いのが現実です。昨日『進撃の巨人』の4巻まで紀伊国屋のkinoppyで読んだんですが、日本ではもう6巻まで出ているんですよね。おまけに「NARUTO」も「One Piece」も「ブリーチ」もkinnopyでは扱われていません。自炊代行業者も、東野圭吾さんたちからの圧力のせいか、新規受付を中断しているところと注文してから納品されるまでに数カ月も待たなければならないところばかりです。

救いは「漫画 on Web」のようにプロの漫画作家が無料で公開しているサイトなどがあることでしょうね。ここでは『ブラックジャックによろしく』などを読むことができます。

【参考】
むらログ: 最高の教師は、与えられた教師でなく、学習者自身が発見した教師である
http://mongolia.seesaa.net/article/110940651.html

東野圭吾氏ら作家7人、書籍スキャン“自炊”代行業者を提訴 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111221_500692.html

電子書籍 > コミック: 紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/search.cgi?skey=8&EBKBCD=C

漫画 on Web
http://mangaonweb.com/welcome.do

エジプトを題材にした日本の漫画(娯楽作品)


エジプトを題材にした日本の漫画(学習漫画)


これらのうち、以下の作品はカイロ日本文化センターでも読むことができます。
ファラオの墓
アトンの娘
クレオパトラ(里中満智子)
posted by 村上吉文 at 18:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ウェブコミックは無料サイトは、昔に比べてずいぶん増えましたよね!
漫画の題材として、海外が出てくるものも結構ありますからね。とはいえ、日本人が好みそうな場所しかないので、マイナー国だときびしいかもしれません。幸い、エジプトの場合は、古代エジプトがあるので、昔から、少女マンガのジャンルではよく扱われていることが多いです。

ちなみに、私は、アラブ文化エッセイ漫画ブログをしています!日本でアラビア語とアラビア書道を趣味で習っているのですが、その中で出会った人やら先生から聞いた話を、文化紹介をおりまぜて、漫画にしてます!日本人から見た、アラブの文化、宗教(イスラムなど)を書いているので、そちらの方が読んでも、面白いと思いますし、また日本人がアラブ文化に対してどう思っているのか?などもわかっていいのではないかな?と思います。

もしよければ教材に使ってみてくださいw現代のアラブ人をテーマにしていますし、先生が歴代、エジプト人が多いので、デジプトのことを書いた漫画が多いです(最近は、シリアネタですが・・ちょっと前は、エジプトネタばかりでした^^;)

この前、ドバイで、漫画イベントがあったので、このブログをアラビア語版にした本もあります。
(翻訳は、フスハーに近い口語アラビア語の訳を
シリア人の日本語学科卒の方にしてもらいました)
もし、教材で使いたいとのことでしたら、このアラビア語版と日本語版のデータなど提供しますよ。
ただ、ブログの方の漫画はちょっと関西弁が入ってます^^;

後、最近は、漫画を音読するウェブコミックも出てきてるので、文字を読むのが不得意なアラブ人にもうってつけではないかなーと思います。
残念ながら、まだ、このウェブコミック。アンドロイド携帯の販売のみなので・・日本しかムリなんですが^^;将来的には、PC販売もするのではないかと思います。

では、長々と失礼しました!
Posted by マナル at 2012年04月24日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック