2006年10月20日

日本語教育 成績管理

先週に引き続き、某国の大学で日本語を教えている先生方に、ICTの活用という面でお話ししました。といっても、今回はエクセルの使い方がメインで、かなり実践的な内容です(初歩的ですが)まず、こちらで作った成績管理用テンプレートに入力して、自動的にABCDFの判定が算出される利用方法を体験しました。

次に、関数を四つ練習しました。既に出席率と平常点と期末試験のデータの入力していあるシートを利用して、合計を算出するsum関数、条件分岐のif関数、順位を算出するrank関数、平均を算出するaverage関数を入力しました。

最後に、こちらで用意したテキストにしたがって、白紙のエクセルファイルから、成績管理用ファイルを作る練習をしました。来週も使うことになっているので、今日は以下の部分までにしてあります。
1. ワークシートに名前を付ける
2. ワークシートの挿入
3. シートの名前をセルに記入する
4. 項目名を記入する
5. 連続するデータを入力
6. 学生名を入力する
7. 「=」で他のセルの内容を表示する
8. コピー&ペースト
9. その日の日付を効率的に入力する
10. 日付の表示方法の選択
11. 出席を入力する
12. AVERAGE関数の使い方
13. 四則演算
14. パーセント表示にする

ブログをやりたいという声もありますので、来週の午後は今のままパワーポイントでの教材作成を続けるか、ブログを実際に開設するか、学生の意見で決めたいと思います。mixi上に専用のコミュニティを作ってありますので、そこで意見を集めます。

日本語教師のための成績管理テンプレート「えんま帖Ver1.5統合版」がほしい方は、無料で差し上げておりますので、ご一報ください。
タグ:日本語教育
posted by 村上吉文 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック