2012年02月20日

ネットがあれば「つながる」ことに場所は関係ない

前のエントリーで書きましたように、香港大学の専業進修学院による日本語勉強会にオンラインで参加しました。以下にビデオがあります。最初の自己紹介が始まった瞬間に落ちてしまって、いきなり笑いをとってしまいましたが、それ以降は落ちることもなく最後までUSTREAMとGoogle+で参加することができました。





内容についてはこのビデオがあるので特に紹介しなくてもいいかもしれませんが、とても新鮮な発言がありましたので1つだけご紹介しておきます。それは評価を教師だけがするのではなく、他の学生たちがお互いに評価するような仕組みです。まあ、この仕組み自体は早稲田の細川先生を始めいろいろな方がおっしゃっていて僕も前から興味はあったんですが、保守的な文化のところにばかりいるせいもあって、なかなか実際にはやってみたことがありませんでした。その理由の一つはやはり評価の信頼性はどうなのかとか、教師の絶対的な立場などが重要視されることです。佐藤さんの講演の間も、ツイートではこの点をめぐっていろいろな意見が出されていましたし、会場からも質問がありました。それに対して、佐藤さんが答えたのは以下のようなことです。
佐藤「誰の目にも明らか」「他の学生からの評価とずれることは今まで6年やっていて一度もない」「自分も最初は慎重だったが実際にやってみるとばらつきはない」「ただし自己評価だけは別」 (live at http://ustre.am/DugX/1)
https://twitter.com/#!/Midogonpapa/status/171075343157952513
これは僕にとっても非常に新鮮でした。評価の信頼性に問題がないのであれば、学生が積極的に評価基準の作成や評価のプロセスそのものに関わることは、主体的な参加につながります。つまり「やらされてる」ことから「やってる」ことになるわけですね。機会があれば私もぜひやってみたいです。

さて、今回は「つながる」ということが一つのキーワードだったわけですが、こんなにインターネットが発展してくると、本当に場所は関係なく「つながる」ことができるだな、と思いました。たとえば佐藤慎司さんの講演の中にも出てきた「社会参加をめざす」ということ自体、
しかし、ネット時代以前だったら海外の学習者に「社会参加をめざす」と言ってもぜんぜん意味がなかったでしょうねー。 (live at http://ustre.am/DugX/1)
https://twitter.com/#!/Midogonpapa/status/171061845652811776
ということで終わってしまっていたのではないでしょうか。詳しくはビデオを見ていただければ分かると思いますが、たとえ海外にいても、ブログ、ツイッター、YouTube、USTREAMなどさまざまなツールを使って日本語学習者は日本語を話す人達の社会に参加ができるようになっているわけです。

最後に、「ネットのおかげで、場所に関係なくつながることができる」点について面白い例がここでもありました。それは、今回オンラインゲストとして日本から参加していた中山さんと杉島さんというお二人です。中山さんは僕の職場で主催している中東日本語教師オンライン研修にもビデオゲストとして何度も出てくれていますし、杉島さんもツイッターでフォローしてもらっていますので僕もときどきツイートやブログを見ていました。それで僕はたまたまこの二人がもうすぐ青年海外協力隊として派遣されることを知っていたんですね。この二人がどうして瀬尾さんの主催するイベントのゲストとして出ていたのかの経緯は知らないのですが、昨日のイベントでビデオチャットルームに入ってみたら、そこに二人とも参加していたので、
@hirokonihongo: 中山さんは @natsuko_sugish を知ってる? 同期かもしれませんよ。 (live at http://ustre.am/DugX/1)
https://twitter.com/Midogonpapa/status/171058559835054082
と呼びかけてみたのです。二人はまだお互いを知らなかったのですが、やはり同じ時期に同じ訓練所で寝食を共にする仲であることが分かりました。

東京と大阪にいる二人を香港にいる人がイベントに呼び、それをエジプトにいる人間が結びつける。

「ネットがあればつながることに場所は関係ない」、そんなことはネットが台頭してきた最初から言われていたことですが、それが特に有名人でもない私たちの生活の一こまにまで浸透している時代になっているんですね。面白い時代になってきたと思いませんか?
posted by 村上吉文 at 13:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
思います^^
かなり「面白い時代になってきたもんだ・・・・」と。
Posted by やもり at 2012年02月21日 07:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック