2006年10月07日

最近の生活

四月にモンゴルから帰ってきて早半年。
もう引越し直後の慌しい時期も過ぎ、モンゴル時代に比べると仕事の拘束時間は数分の一になっています。最近、変な違和感を感じると思ったら、実は自分はワーカホリックで、禁断症状が出ているときなのかもしれません。

どうして仕事の量をセーブしているかというと、
予定では来月中旬に二児の父になるからなのです。「一児の父」になったときはまだ日本にいなかったので、日本で予定より三週間も早く生まれてしまった長女に、人生の最初の瞬間を分かち合ってあげられなかった反省もあります。もちろん、生まれるときに病院にいるというだけではなくて、出産から一年ぐらいの一番手のかかる時期は、育児休暇のような形で育児に関わっていきたいと思っています。もっとも、メシは食わなければなりませんので、完全育児休暇ではなくて、以前の数分の一ぐらいは仕事もしているわけですが。

でも、実は仕事の量を減らしてみると、やっぱり仕事って楽しいなあ、と思います。ま、好きなことを仕事にしているということと、あまり責任のない気楽な立場にいるからというのも大きな理由だと思いますが。モンゴル時代は仕事の量が多かった上に、職場にいた自分の教え子をクビにしなくてはならなかったり(それも二人も)、自分の性格に合っていない部分もありました。

今はほんとにストレスのない生活をしていますねえ。子供のビデオに時々出てくる自分の顔が、あまりにノンビリしているので驚くことがあります。
タグ:育児
posted by 村上吉文 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

移転します。
Excerpt: 思うところあって、移転します。 今後は「むらログ」の方をご覧ください。 「むらログ」 http://mongolia.seesaa.net/
Weblog: のごおん成長記
Tracked: 2006-10-09 00:14

日本語教育の危機
Excerpt: ここはモンゴル国オルホン県エルデネット市。 教壇に立っているのは、モンゴル国立大学オルホン分校外国語学部日本語学科のワンジル先生。彼は今、非常に深刻なピンチに立たされています。というのも、昨年度まで四..
Weblog: モンゴルの日本語教育機関
Tracked: 2006-10-10 06:29