2012年01月28日

とにかく生き残りたかったから日本語教師になった。

一週間ほど前にこのブログでもご紹介しましたが、この週末にブログを書いている日本語教師の皆さんで同じテーマでブログを書こうという企画が進んでいて、すでに記事が皆さんそれぞれのブログで書かれています。僕も今日はそのテーマで書いてみます。

なぜ僕は日本語教師になったのか。ひとことで言うと「生き残りたかったから」です。

なぜそう思うようになったかというと、二十歳の時のワーキングホリデーでの経験の結果でした。それまでは教養学部語学科英語専攻というところにいて、要するに英語で身を立てようと思っていたのですが、ワーキングホリデーでカナダに行ってみたらそりゃ驚きましたよ。だってホームレスもみんな英語が喋れるんですもん。

もちろん、英語圏ではホームレスが英語でしゃべっていたって何の不思議もないんですが、少なくとも、いくら英語を勉強しても、語学以外の専門性もなく「英語がしゃべれるだけ」というのは、何のアドバンテージにもならないことがよく分かったんですよね。

もう一つカナダで痛感したのは、これから自分が生きる時代は地球上の全員が競争相手になる時代なのだということでした。ご存じの通りカナダは移民社会で、僕が皿洗いなどをしていたホテルにもパキスタンやインドなどの南アジアの人たちや、チェコなどの東ヨーロッパから来ている人たちが大勢いました。これが1987年でしたから、今思えばプラザ合意からたった二年後、まさに日本にグローバリゼーションの波が襲いかかってきた時期だったのです。日本にもこうした海外の労働力が流れこんでくるのはもはや避けようがなく、自分の競争相手は日本人だけではないことが肌身に沁みました。

しかし、これからの時代を生き残るために、東ヨーロッパや南アジアの人たちと戦わずに済む場所をみつけることはできないのだろうか。あるいは、彼らに対して最初から自分にアドバンテージがある戦場はないのだろうか。

大学の一年目を終えたばかりでまだ何の専門性もなく、借金だらけの貧乏な家庭の出身だった自分にとって、彼らより自分が上手にできることといえば、日本語が話せるということしかなかったんですよね。

自分は日本人としては普通だけど、世界的に見れば日本語がかなり上手な方の部類に入る。そして、グローバリゼーションの中でこれから日本に来る外国人はどんどん増える。日本語教育なら自分のアドバンテージを活かすこともでき、しかもパイはどんどん増えていくのではないか。

振り返ればかなり安易な考え方ではありますが、二十歳のガキであった自分としてはそれが精一杯の判断でした。そういうわけで帰国後すぐに英語専攻から日本語学専攻へ転科する手続きを取ったのですが、その後、日本語教師の間ではすっかりお馴染みの「日本語を教えるのってこんなに難しいの?」という面白さというか壁というか、そういう衝撃にぶちあたることになります。

もっと他の人たちのことを知りたい人は、今回の企画の他に「海外で日本語を教える―ネイティブ日本語教師への期待」という本もあります。僕自身も、今日ここに書いたようなことをもう少し詳しく書いています。ご関心のある方はamazonなどでお買い求め下さい。

その他、今回のブログでは現時点で以下の10エントリーが確認できます。(括弧内はトラックバックのアドレスです。)
イスラエルからもトラックバックがあったようなのですが、現時点では確認できません。確認できたらご紹介いたします。

日々どっかで わたしが日本語教師になったわけ
http://flocke.blog42.fc2.com/blog-entry-414.html
http://flocke.blog42.fc2.com/tb.php/414-93a421b2

私が日本語教師になった理由|Penのブログ
http://ameblo.jp/universiti/entry-11147371084.html
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/universiti/11147371084/5917c571

私が日本語教師になったわけ ≪ NIHONGO hacks!
http://studiojapanese.com/nhacks/?p=536

私が日本語教師になったわけ : ごぅいんタイワン
http://blog.livedoor.jp/xiaogao/archives/3261285.html
http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/universiti/11147371084/5917c571

Largo ma non troppo: 私が日本語教師になったわけ 〜その1〜
http://amikodesu.blogspot.com/2012/01/blog-post_27.html

Largo ma non troppo: 私が日本語教師になったわけ 〜その2〜
http://amikodesu.blogspot.com/2012/01/blog-post_9476.html

私が日本語教師になったわけ|pancho in hong kong
http://ameblo.jp/pancho-hk/entry-11147096128.html
(http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/pancho-hk/11147096128/2ef54f78)

Apprendre le japonais à Nantes ≫ Blog Archive ≫ 私が日本語教師になったわけ
http://otamaworld.com/nihongo/2012/01/raison-etre/

日本語教師になったわけ: 日本語教師の修業時代
http://jsnihongo.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-ba17.html
(http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1608289/43899965)

もし日本語教師がアラビア語を勉強したら 私が日本語教師になったわけ
http://h1roko.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
(http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/17-cfebcd77)

非日常の国イスラエルの日常生活 私が日本語教師になったわけ
http://levyyamamori.blog.fc2.com/blog-entry-129.html
(http://levyyamamori.blog.fc2.com/tb.php/129-7afa527f)

むらログ: とにかく生き残りたかったから日本語教師になった。
http://mongolia.seesaa.net/article/249008402.html
http://blog.seesaa.jp/tb/249008402
posted by 村上吉文 at 19:05 | Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
「NIHONGO hacks!」のローラです。お邪魔します!
私も村上先生のように行動力ある教師になりたいです。
実は1年目のころからこちらのブログを拝読しております(隠れファンです!)
これからもよろしくお願いします。
Posted by ローラ at 2012年01月29日 13:41
ローラさん、ようこそ!
以前から読んでくださっていたんですね。ありがとうございます。
せっかくGoogle+もやってらっしゃるので、よろしかったら今度の日本語教師オンライン研修にもビデオゲストでいらっしゃいませんか?
Posted by 村上吉文 at 2012年01月29日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本語教師になったわけ
Excerpt: 今回は、ぱんちょさんの企画に便乗して 「わたしが日本語教師になったわけ」について
Weblog: 日本語教師の修業時代
Tracked: 2012-01-28 23:51

私が日本語教師になったわけ
Excerpt: 「みんなでブログを書こう!」企画参加記事 日本語教師養成講座に通っていた頃、日本語教育関係の大学院に行きたくて説明会に参加したことがあります。 全体説明のあと、興味のある研究をしている教授の元へそれぞ..
Weblog: NIHONGO hacks!
Tracked: 2012-01-29 13:18

私が日本語教師になったわけ その1
Excerpt: 明けましておめでとうございます。 年男のサンボンです。 1月23日はベトナムのお正月(テト)でした。 例年、テトの休暇にはどこか暖かい場所へ旅行へ出かけていたのですが、 今年はビザの延長手続きの関係で..
Weblog: 日本語教師:サンボンの屋
Tracked: 2012-01-29 22:15