2011年11月02日

聴解のリソースを増やすには?

みなさま、こんにちは。
職場のブログでも紹介していますが、あちらだとUSTREAMの録画を画面に埋め込むのにエラーが出てしまうようになってきたので、こちらでもご紹介しておきます。

「第4回中東日本語教師オンライン研修01 「聴解のリソースが必要な理由」「4種類のリソースとは」」 http://ustre.am/_1ehng:Tjv
はじめに:なぜ海外の学習者に聴解のリソースを紹介する必要があるのか。
4種類のリソース
1.日本語の出来る人と話す
2.オンラインの人と話す
3.教科書のCDを聞く
4.ドラマ、映画、アニメ
5.日本語教育用のオンライン教材



二番目の部分の中心は、「日本語らくだ」など中東の日本語学習者向けの具体的なリソースの紹介でした。また、来年ヨルダン大学に赴任される中山さんから、中山さんや@karayuki_jpさんたちが日本語教師志望者向けに作っているポッドキャストもご紹介させていただきました。

第4回中東日本語教師オンライン研修02 「初級用の聴解リソース」「非母語話者教師用の聴解リソース」「ICレコーダーの使い 方(前半)」http://ustre.am/_1ehng:Tjx
・日本語らくだ
・NHK「やさしい日本語」
・東京外国語大学「JP Lang」
・J-Learning .com
・エリンが挑戦!日本語できます
・「カケポん かけだし」
・教室でのポイント「部分繰り返し」と「再生速度調整」



第4回中東日本語教師オンライン研修03 「ICレコーダーを聴解の授業に使う方法」



最後の部分は上の動画で紹介したICレコーダーを買うときの注意や、中級以上のリソースについてです。

第4回中東日本語教師オンライン研修04 http://ustre.am/_1ehD1:Tjs
・日本語教師のためのICレコーダーの選び方
・中級以上のための聴解リソース
・その他、便利な道具など
・参考資料、アンケートなど



posted by 村上吉文 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック