2011年07月10日

FC_Ranom_Show! フラッシュカードをランダムに表示するエクセルテンプレートを作りました。


photo by Caitlinator

出勤まで時間がないのですが、明日の授業で使うツールを作ったので、こちらに保存しておきます。
どういうものかというと、単に新出語彙などをランダムに表示するものです。
エクセルファイルです。以下からダウンロードできます。

FC_Random_Show.xls

ファイルを開いて「input here」というシートのB2セルからB51セルまでに、新出語彙などをペーストします。つまり50語まで貼り付けられます(でも、普通の学生はそんなに多くの語彙を一度に覚えられないことにご留意を)。最大50語ですが、それ以下でも大丈夫です。もちろん、漢字でもいいです。英語を教えている人は英単語でもいいでしょう。

準備はそれだけ。あとは「Diplay here」というシートを開きます。そこに大きく新出語彙の一つが表示されています。ここでキーボードのF9を押すと、ランダムに選ばれて別の語彙が表示されます。もちろん、偶然同じ語彙が表示される可能性もあります。

授業上の演出としては、F9を一度だけ押すのではなくて、三秒ほど押しっぱなしにすると盛り上がりますよ。

パワーポイントなどでは、あらかじめ決められた順序で紙芝居のように見せるにはいいのですが、こうしてランダムに表示するのは難しいので、こうしたものを作りました。表示するシートのセルの大きさも文字の大きさもフォントも、普通のエクセルのように自由に変えられますから、お使いのパソコンの解像度などに合わせて調整してください。現状は1024×768ぐらいの解像度でちょうどいいぐらいに調整されています。

では、どうぞご自由にお使いください。感想などを教えていただけると嬉しいです。

2011/11/16 追伸
F9というのはウィンドウズ用の再計算のコマンドなのですが、マックでは「Mac用Excel:コマンドキー+=キー」ということのようです。
posted by 村上吉文 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック