2011年05月12日

「女史」の使われ方が「Yahoo知恵袋」と「教えてgoo!」で正反対になっていてワロタ

「助詞」の使われ方じゃないですよ。「女史」です。女史。

先日ご紹介した日本語文章校正ツールですが、どんな表現が指摘されるのかを説明しているページがあります。そこに「禁忌・不快語」というカテゴリーがあるのですが、ここに「女史」という言葉が例としてあげられていたので、ちょっとビックリしました。
http://www.japaneseproofreader.com/hanrei.html

それで、Google先生に聞いてみたところ、「Yahoo知恵袋」と「教えてgoo!」では全く反対の説明があったので、思わず笑ってしまいました。いずれも「女史」という言葉の使い方についての質問への回答です。
古代中国の王后につかえた女官、律令制度における女官からついたもののようです。転じて、知識や教養が豊かで、社会に貢献している女性の尊称として使われています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1825861.html
最近は女性もすべて『氏』に統一されており、「女史」は使われません。いま現在使うとすれば気位が高く生意気で、鼻もちならない女性への当てこすりと揶揄の意味で使う場合でしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211985977

職名→尊称→皮肉という感じで使われ方が変わってきているようですね。

ただ、実際に尊敬すべきキャリアを築いてきている人に対しては尊称としても充分に成立しているようにも思えます。いろいろ人名に「女史」をつけて検索してみると分かりますが、たとえば以下の「鈴木女史の写真は繊細かつ大胆。」は映画「わさお」のカメラマン鈴木さゆりさんのことで、揶揄とか当てこすりとかには感じられないんですよね。
http://twitter.com/#!/WASAO_official/status/31306381655019520

そう考えると、実際には尊敬すべきキャリアがない女性を「女史」と呼ぶと皮肉や揶揄になり、そうでない場合は尊称として使うということなのかもしれません。そういう意味では「博士」とかにも近いかもしれませんね。
タグ:日本語
posted by 村上吉文 at 14:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | ことば | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
これ読んでまず頭に浮かんだのが「社長」。海外旅行(特に東南アジア?)されたことのある男性ならだいたい経験があるであろう街なかでの「シャチョウ!」という呼びかけ。(あれ?日本でも結構ありましたっけ?) 「社長」じゃないのに「社長」と呼ばれても、やっぱり普通いい気はしない・・・逆にうるさい!って思う。(・・・と思う、普通は)
本能的に“皮肉"、“揶揄"って感じ取ってるってことなんですかね?
ちなみに、一昨日タクシーに乗ったら珍しく英語を話す運転手に「この道はまだまっすぐでいいのかい?マドモアゼル」と言われ、「ケッ!」と思ったのも、これと似たような事例ってことでしょうか。。。ねぇ?
※珍しく英語を話す運転手;エジプト在住のためほとんどの運転手はアラビア語話者です。
Posted by やもり at 2011年05月12日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック