月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2011年05月10日

隠れた日本語教育大国サウジアラビア

毎日職場で顔を合わしている「すっかる・ちーにー・しゅがー」氏のブログで、先日サウジアラビアのことが取り上げられていました(http://egyptians.blog.shinobi.jp/Entry/206/)。僕自身もサウジには二年ほど住んだことがありますが、氏は出張でつい先日行ってきたばかりだったのです。

で、久しぶりのサウジの話を聞いてみると、どうも僕が住んでいた97-99年の頃とはずいぶん違うようです。そのあたりは前述のブログをご覧になれば分かるかと思うのでここでは繰り返しませんが、ちょっとこれは特殊な国だな、と思うことが僕自身が見つけたデータの中で二つほどあったのでご紹介します。

一点目は今井雅晴先生の「日本の茶道とわびさび文化の成立」というビデオ講演のアクセスです。これはうちの職場のYouTubeチャンネルで公開しているので、どこからアクセスしているかなどのデータが分かるのですが、いちばん多かったのがサウジアラビアだったのです。1099回のアクセスのうち、サウジアラビアが146で、日本の139すらも上回っていました。

それで、もうちょっと細かいデータを調べるために、Lang-8という相互添削型SNSに行ってみて、日本語学習者のデータを調べてみると、とんでもないことが分かってきました。それが下の図です。

Lang8toJPF.JPG


まあ、この図を見れば一目瞭然ですが、中東のそれぞれの国に関し、Lang-8に登録している人の数を、国際交流基金の日本語教育機関調査の学習者数で割った数字です。

何でこんな計算をしてみたかというと、普通は、Lang-8の日本語学習者数(a)と基金調査による日本語学習者数(b)っていうのは、おおざっぱに見れば比例するものなんですよね。つまりa/bはそれほど無茶な違いはない。敢えて言えばそれにネットの普及率が影響するぐらい。中東やアフリカでもっともネットの普及率が高いUAEがa/bでもトップで、ケニアやベナンが下の方にあります。

ところが、これらの数値、つまり、lang-8における日本語学習者の数を基金調査の日本語学習者の数で割った数字では、サウジだけが異常に突出しているのです。第二位のUAEは0.2で、つまり基金調査の日本語学習者数に比べたら5分の1ぐらいしかlang-8にはいないのに、サウジは5倍近くもいるのです。第二位に24倍もの差を付けてぶっちぎりのトップ。

これはいったい何を意味するのか。基金の調査は「日本語教育機関調査」なので、中学校なり大学なりの学習者だけが調査の対象です。一方、Lang-8は個人が自分の意志で登録します。つまり、サウジには学校が答えているより、ずっと多くの日本語教育のニーズがあり、その人たちがLang-8などのPLE(個人学習環境)に流れてきているのではないでしょうか。

絶対数で見れば、中東や北アフリカ地域におけるLang-8の登録数では、サウジはトルコに次いで二位です。Lang-8で学ぶトルコ人が161名であるのに対し、サウジは132名。つまりトルコの8割程度です。基金の調査では、トルコには1189人の日本語学習者がいますから、それに習えばサウジには970人程度の日本語学習者がいてもおかしくないかもしれませんね。これは、中東と北アフリカの地域では、トルコとをエジプトに次ぐ第三位の数字です。

観光旅行などでも気軽に訪れることのできないサウジアラビアですが、その厚いベールの向こうには、もしかしたら以外と親日的な顔が隠れているのかもしれませんよ。

【参考】
サウジにおける97-99ごろの日本語教育の現場の話にご関心のある方は当ブログの「砂の国の日本語教育」シリーズをご覧ください。
http://mongolia.seesaa.net/tag/articles/%83T%83E%83W%83A%83%89%83r%83A?page=5
(リンク先のページの下の方にまとめてあります)

上記のグラフで紹介している数値は以下のとおりです。
国名 Lang-8(a) 機関調査(b) (a/b)
サウジ 132 27 4.888888889
UAE 40 200 0.2
カタール 7 30 0.233333333
イスラエル 86 369 0.233062331
レバノン 11 56 0.196428571
トルコ 161 1189 0.135407906
エジプト 130 1036 0.125482625
バーレーン 6 64 0.09375
モロッコ 44 491 0.089613035
イラン 20 229 0.087336245
ヨルダン 8 100 0.08
イエメン 6 100 0.06
シリア 16 270 0.059259259
ケニア 14 988 0.01417004
ベナン 1 150 0.006666667
マダガスカル 2 1175 0.001702128

アルジェリア 30 0 #DIV/0!
イラク 11 0 #DIV/0!
スーダン 8 0 #DIV/0!
posted by 村上吉文 at 12:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
私はここに来て約2年になりますが、一般の高校生や大学生で日本や日本語が好きな人が本当に多く、非常に驚きました。 今回のジャナドリーア祭で日本語熱がさらに加速するのではないでしょうか。 私の日本の友人もこの話を聞いて、本当にびっくりしていました。 私も彼らの期待に少しでもこたえていけるよう、これからもがんばっていこうと思います。

この記事を読んで、何だかうれしくなっている自分… 日本人からはどうも遠いイメージがあるようですが、そうではないということを日本人に伝えていくことも私の仕事だと思っています。 今度帰国したときも、サウジの話をいっぱいしてきます!
Posted by みずたに at 2011年05月16日 04:19
おお、水谷さん、こんにちは!
既にお耳に入っているかもしれませんが、来月、そちらにお邪魔できそうです。一杯やりましょう(お茶でも)
Posted by 村上 at 2011年05月16日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック