2011年03月29日

誰のための復興か。

誰のための復興か。
そう聞かれると、多くの人がこう答えると思います。
「誰のためって、日本全体のために決まっているじゃないか」と。

実は、僕もそう思っていました。先日、この写真を見るまでは。

http://jfcairo.files.wordpress.com/2011/03/prayforjapan_from_turkey_small.jpg

そうなんです。
日本が復興するのは日本のためだけじゃない。
世界のために、復興する必要があるんです。

たとえば、ベトナムの「労働新聞」も、日本のODA政策に今のところ変更がないことを大きく報じています。
http://www.hotnam.com/news/110321064229.html

もちろん、ODAだけでなく、日本で作られる製品が必要な人も海外にはたくさんいるでしょうし、市場としての日本を必要としている国も多く存在します。

日本は世界の支援を必要としていますが、世界も日本の復興を必要としているのです。

自分だけのためだと思っていると、諦めるのも簡単にできてしまいます。でも、他の人に必要とされていることが分かれば、もう少し頑張れるのが日本人だと思います。あきらめそうになってしまったら、是非、もう一度この写真のことを思い出してください。
posted by 村上吉文 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 主張 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック