2011年03月08日

#egyjp エジプトに帰ってきました。

おかげさまで、三月五日にカイロに戻り、翌六日から職場に復帰しました。
1月25日の革命勃発以来、ほぼ40日ぶりの職場です。

さて、エジプトのムバラク辞任ぐらいは多くの読者が知っているかとは思いますが、普通の日本語教師の皆さんはエジプトのニュースばかり追いかけているわけにはいかないでしょうし、チェックしていたにしろ、実際に現場に行ってみると報道とはまた違う印象もありますので、いくつか動画をご紹介したいと思います。

まずは、カイロ国際空港からカイロ市内への道です。

空港には佐藤次席が迎えに来てくれていたのでスムーズに入国することができましたが、内戦中のリビアからの帰国者らしいエジプト人でかなり混雑していました。報道によると、内戦勃発前のリビアには百万人のエジプト人が働いていたそうです。エジプトは人口が多く石油が出ないため、リビアのように人口が少なく石油の出る国には出稼ぎ労働者が大量にいるのです。僕が前に住んでいたサウジアラビアにも大勢のエジプト人がいました。

次は、生鮮食品が戻ってきたカイロのスーパーです。買い物は妻に任せているので僕は帰宅時に水を買っていくぐらいなのですが、それでも革命進行中の時は生鮮食品の棚が空っぽになっていたのはよく覚えています。あの時に比べると、完全に流通網は回復したようですね。


えーっと、次はあんまり生まれ変わってなかったエジプトです。いい意味でも悪い意味でも、変わってないところは変わっていません。全然知らない国みたいになっていたらどうしよう、と思っていたので、ある意味ほっとしました。


さて、最後はタハリール広場です。革命勃発以降、twitterなどでずっと応援していた人たちのいた現場に来たのかと思うと、何だか思わず声が詰まってしまいました。

でも、もしかしたらデモをやっていない時にも来ては行けなかったのかな? 職場の人たちに迷惑をかけたりするかもしれないので、これ以降はテント村に行くのは控えておきます。

以上、カイロに帰任してから初めての投稿でした。これからもよろしくお願いいたします。
posted by 村上吉文 at 15:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
まあ、書きたいことはいろいろありますが、
まずは「大変でしたね」
「これからもお気をつけて…」
Posted by 福島泰正 at 2011年03月08日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック