2010年11月19日

シリアの日本語教育 悠久の砂塵の街で働いてみませんか?

先日、シリアに出張で行ってきました。
そのときのビデオなどは職場の公式ブログに載せているので、ご関心のある方は是非ご覧ください。(↓)

シリア、ダマスカス大学の先生からのメッセージ
http://bit.ly/bz9NKm
キャリアウーマン系のナーヘド先生と、菅野美穂に似ていると評判のヌール先生のメッセージ動画があります。

第13回シリア日本語スピーチコンテストの上級の部優勝者のスピーチ動画
http://bit.ly/cpnESC

シリアには現在、三つの日本語教育機関があります。
上記のメッセージ動画はシリアダマスカス大学の人文学部日本語日本文学科の先生で、このほか、同じ大学内に高等学院という社会人なども在籍できる機関があり、また別のアレッポという街のアレッポ大学に同じような機関があります。アレッポ大学では、大学院も今年からできます。

アレッポ大学で日本語を教えている青年海外協力隊の隊員によるブログがなかなか面白いのでご紹介しておきましょう。

「シルクロードのバネ工場」ウズベキスタン、フィリピン、ベトナム、モンゴル、そしてシリアへ渡った日本語教師のブログです。
http://springfactory.blog101.fc2.com/
今回のスピーチコンテストの件も詳しく書かれていますよ。

さて、そのシリアで青年海外協力隊の日本語教師で募集がかかっていましたのでお知らせしますね。

青年海外協力隊 要請一覧より「ダマスカス大学高等言語学院日本語科」
http://jocv-info.jica.go.jp/jv/index.php?m=Info&yID=JL44210B18

僕の仕事は中東で日本語を教えているみなさんを支援することですので、上記の募集に合格して派遣されれば、僕もいろいろと相談に乗りますよ。ためらっている方がいらしたら、ぜひ勇気を出して参加してみてください。

残念なことに、中東というと自爆テロとかすぐに連想してしまうのが普通ですが、シリアは非常に治安のいい国です。イラクやアフガンなどとは全く違いますので、ご安心ください。

posted by 村上吉文 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック