2010年11月14日

介護の日本語を教える人向けの漢字参照ツール

インドネシアとフィリピンから看護士などが来日して日本の医療の現場を支えてくれていることは皆さんご周知のことと思いますが、介護の分野でもいろいろな試みが行われているようです。

今日ご紹介するのは、海外から来日した介護士に日本語を教えるとき、介護のことを全然知らない日本語教師でも、その漢字を教えるべきかどうか判断できるツールです。

これを作ったのは介護福祉士国家試験向けの漢字学習ウェブサイトを準備しているみなさんで、メンバーの中には「日本語でケアナビ」で有名な角南北斗さんも入っていますよ。音頭を取っている中川さんも僕とは同窓です。

中川さんが書いてくれた文章がありますので、ご紹介しますね。
アンケートご協力のお願い

現在私たちの研究グループでは介護福祉士国家試験向けの漢字学習ウェブサイトの開発
を計画しております。そのデータ作成の一環で、漢字のリストを入力すると、その漢字で
介護福祉士国家試験に出てくる漢字がどの程度カバーできるか計算できるエクセルファイ
ルを作成しました。(第14-22回の国家試験の13科目全体及び介護関連3科目のカバー率
が計算できます。)

このファイルを、漢字学習ウェブサイトに関するアンケートにご協力下さった方に差し
上げています。アンケートの内容は現在計画中のウェブサイトにどのような機能があれ
ば、介護福祉士国家試験の準備をする上で役に立つのかというものです。特に介護福祉士
候補者に実際に教えていらっしゃる方のご意見をうかがえればと思っております。

ご希望の方は、ウェブサイトKAIGOKANJI(http://kaigokanji.jimdo.com/)にアクセスし
て下さい。ファイルのダウンロードの手順は以下の通りです。
1)上記のKAIGOKANJIに設置されたアンケートフォームに回答する
2)送信ボタンをクリックする
3)後ほどダウンロードのURLを知らせるメールが返信される

一人でも多くの方のご意見をうかがえればと考えておりますので、ご協力をお願い致し
ます。

中川 健司(常磐大学)
中村 英三(常磐大学)   
角南 北斗(フリーランス)
齊藤 真美(関西国際大学)
posted by 村上吉文 at 13:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
村上さん
 この度は私たちのツールをご紹介くださり有難うございます。現在計画している漢字学習ウェブサイトが形になるまではまだ時間がかかりますが、いろいろな方のご協力を得ながら、準備していこうと考えています。
 また何か進展がありましたら、ご報告いたします。
Posted by 中川 健司 at 2010年11月14日 16:16
中川さん、コメントありがとうございます。
先行研究の資料だけでも、読み応えがありそうですね。期待してます!
Posted by 村上吉文 at 2010年11月14日 16:34
ご紹介ありがとうございます。

ベトナム・ダナンで日本の介護を学ぼうとする学生たちに教えていますが、
近い将来、日本で介護を行う、あるいは国家試験を受験する際にどのように対応するのか

良い指針となるように思います。
活用させていただきます。
Posted by 陣内 努@ダナン at 2010年11月15日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック