月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2010年11月09日

月刊日本語の12月号連載はiPadです!

もうそろそろ月刊日本語の12月号が店頭に並ぶ頃ですね。
今月号はiPadの使い方です。
前振りの部分は以下の通りです。
これは教育業界の革命だ!

今月号は特集との連動企画です。特集「あなたの世界を広げる本」の最後の座談会に登場したiPadの使い方を、ここでは具体的に紹介したいと思います。
といっても、ここで紹介するのはiPadにかぎらず、GoogleのAndroidなど、「タブレット端末」とか「スレート端末」呼ばれる機種ならどれでも有効に使える方法です。
タブレット端末とは、ハードウェアのキーボードがなく、かわりにタッチパネルで操作するもので、利用方法が広がると注目されています。
このタブレット端末のために紹介するワザは二つ。一つはこれを出席簿にする方法で、もう一つはFC(フラッシュカード)にする方法です。
出席簿として使うには「むらログ」で無料公開している「デジタル出席簿」が便利です。入力や管理が楽になるだけでなく、同時に出席率ランキングなんかも計算してくれるすぐれものですよ。
教育業界に新たな革命をもたらすと期待されているタブレット端末。皆さんも使ってみませんか?


なお、iPadを授業で実際に使っているところなどの動画は以下で見ることができます。

むらログ:iPadを日本語教育で応用している動画
http://mongolia.seesaa.net/article/163896037.html

出席簿に関しては、以下で入手できます。
むらログ: iPadを自動計算機能つきの出席簿にしよう!
http://mongolia.seesaa.net/article/161785988.html


なお、僕の連載は以下の各号でご覧になれます。


posted by 村上吉文 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168822323
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック