2010年10月07日

スマートフォンはICレコーダーの代わりになるか。

今まで何度か「ICレコーダーはいいですよ!」というようなことをこのブログに書いてきました。
三ヶ月前にアンドロイド携帯を買ってからも、「スマートフォンはICレコーダーの代わりにはならないなあ」と思ってきました。

なぜなら、携帯に最初から入っている「サウンドレコーダー」というアプリがあまりにも期待はずれだったからです。確かに声を録音することはできるのですが、本当にそれしかできないのです。

たとえば、せっかく録音した音声を再生しようと思ったら、別のアプリを立ち上げなくてはなりません。だから、きちんと録音できたかの確認も煩わしい。

その他にも、録音までの手間がICレコーダーよりもかかったりしたのも気になっていたのですが、今思うとやはり「録音と再生が別のアプリ」というのが最大の障害だったように思います。

というのも、アンドロイドマーケットから別のボイスレコーダーの無料アプリをダウンロードしてみたら、いつの間にかICレコーダーを持ち歩かなくなってしまったんですよね。「Al voice recorder」というアプリです。

これは、録音と再生ができるというだけのアプリですが、これだけでずいぶん使い勝手がよくなりました。

それでもまだICレコーダーの方が優れている点は、「電源ボタンと録音ボタンを押すだけ」という録音までのステップの少なさと、録音中の一時停止や、フォルダー内の音声を連続再生できることですね。あ、それから教材作成などには、やはりMP3形式で録音できるICレコーダーの方がいいでしょう。編集ができるので。

ただし、録音中の一時停止というのは、僕の場合、一人でブレインストーミングをするときにアイデアを録音するために使うのですが、こういう使い方や音声教材編集はそもそも毎日やる仕事ではありません。そのときにはICレコーダーを家から持っていけばいいわけですよね。

しかし、毎日持ち歩いて、ふと浮かんだアイデアや、To Doメモなどを録音しておくには、スマートフォンを使う方が便利ではないかと思います。というより、ICレコーダーという荷物を一つ減らせることが便利です。もちろん、ICレコーダーは鞄に入れるだけなら全く問題にならない重さですが、メモに使うためにはポケットなどに入れて身につけていないと役に立ちませんからね。

なお、上記の「録音中の一時停止」というのは、日本人の作った以下のアプリで実現できるようです。
http://jp.androlib.com/android.application.com-tokasiki-android-voicerecorder-pqm.aspx
こちらはGmailに添付するという機能もあるようですね。さすがにこの辺はスマートフォンならではの強みです。

2011/09/16 追記
日本人の作った上記のアプリは公開をやめたようです。
それから、今はいろいろ試した結果、rehearsal assistantというアプリを使っています。これはプロジェクトというモードにすると録音中に一時停止にすることができます。もちろん無料です。

2011/10/02 追記
今はまたICレコーダーも身につけるようになりました。そのへんの事情はこちらをご覧ください。
むらログ: スマートホンはICレコーダーの代わりになるか。(続編)
http://mongolia.seesaa.net/article/228403816.html#comment

【関係する記事】
むらログ: 日本語教師用のICレコーダーの選び方
http://mongolia.seesaa.net/article/137707919.html

むらログ: ICレコーダーを買ってみて思ったこと
http://mongolia.seesaa.net/article/144868904.html

むらログ: スマートフォンはICレコーダーの代わりになるか。
http://mongolia.seesaa.net/article/164964071.html

むらログ: スマートホンはICレコーダーの代わりになるか。(続編)
mongolia.seesaa.net/article/228403816.html‎

むらログ: スマホはICレコーダーの代わりになるか。(第3弾)
http://mongolia.seesaa.net/article/365583816.html


posted by 村上吉文 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック