月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2010年10月06日

Lang-8を授業で紹介するところを中継しました。

現在の職場の上級クラスの授業を中継しました。
みなさんが一流大学の出身で、日本語能力試験も一級ぐらいはある人ばかりです。とにかく優秀。

先週は映画の予告編を使ったんですが、このクラスで勉強するだけでなく、もっと日本人とつながって自律的に成長してほしいな、と思いまして、今回はオンライン作文相互添削型SNSの「Lang-8」を紹介しました。

最初は「そんなおいしい話が転がっているわけない」と半信半疑だったような受講者の皆さんでしたが、受講者代表の一人が実際に投稿したところ、授業終了前にはすでに添削されていたのを見て顔色が変わったようでした。

Lang-8の登録作業の中に利用目的を入力するところがあるのですが、そこに「単位」という選択肢がありました。最近は「Lang-8に10回書いたら作文の単位をやる」というようなオープンエデュケーション的な機関が増えているのかもしれません。

さて、ただ漏れ授業はこちらです。今回はtwitterで予告していたので、四人ぐらいが見ていてくれたみたいですね。現状では視聴数は9になっています。









いやー、それにしても「あのー」とか多くて聞き苦しいなあ。まあ、でもこうして反省する材料になるからustreamはすごいということにしましょう。

授業で使ったプリントは以下の通りです。
Lang-8 に挑戦しましょう! Level-10

【今日の目標】
Lang-8で勉強を始められる。
アラビア語を勉強している日本人を探すことができる。
その人のアラビア語を直してあげることができる。

村上が他の人の添削をするのを見ます。
村上が友達申請するのを見ます。
学生の一人がlang-8に登録します。
アラビア語を勉強している日本人を探しましょう。
その人の作文を添削してあげましょう。

【やり方】
Lang-8に登録します。
1.Chrome、FireFoxなどで「lang-8.com/」にアクセスします。
2.右上の「新規登録」をクリックします。
3.メールアドレスを入力して「送信」ボタンをクリックします。
4.自分のメールを見ます。Lang-8からのメールを開きます。
5.その中の「Lang-8 に参加する」というリンクをクリックします。
6.リンク先でプロフィールを入力します。「母語」をアラビア語、「学習中の言語 その1」を日本語にしてください。
7.赤い「※」の欄を全部入力して、「確認画面へ」をクリックします。
8.問題がなければ「利用規約に同意して登録」をクリックします。

アラビア語を勉強している日本人を探します。
1.一番上にある「Lang-8 contents」をクリックします。
2.その下に現れる「マッチング」をクリックします。
3.「母語」を「日本語」にします。
4.「学習中の言語」を「アラビア語」にします。


【宿題】
Lang-8の村上のページ(http://lang-8.com/38294)に行って、友達申請してください。
友達申請をしたくない人は、作ったページのURLを村上まで送ってください。


なお、僕と同じようにネットの可能性を信じている佐藤慎司先生もコロンビア大学でustreamのチャンネルを開設しました。これから学生のプレゼンなんかの中継に使うらしいですよ。
http://www.ustream.tv/channel/columbiatv
posted by 村上吉文 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164863483
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック