2010年10月03日

iPadなどをFC(フラッシュカード)にする方法、まとめ

iPadなどのタブレット端末をFCにする方法は、意外と多くの人から反応がありましたので、バラバラになっていた記事をまとめてみました。

全体的な流れ
全体的な流れとしては、以下の通りです。
1.エクセルの「FC一直線」で語彙表を作る。
2.それをワードに貼り付け
3.パワーポイントに送信
4.jpegで保存
5.iPadに送信
6.iPadで受信
7.「写真」アプリを開く

では、それぞれについて、もうちょっと詳しく書いてみます。

1.エクセルの「FC一直線」で語彙表を作る
このツールはエクセルで語彙管理をしている人向けに、「行や列が複数ある表のデータを一直線に並べ直す」という作業をします。また、登録した例文から、目標語彙を探して空欄に変更することもできるので、あなうめ用の文も簡単に作れます。でも、必要のない人は次のワードの段階からはじめることもできます。
FC一直線のダウンロードは以下からできます。
https://mongolia.up.seesaa.net/download/FC_Icchokusen.xls
「FC一直線」の「語彙表」というシートに学習語彙と例文と媒介語の訳を入れます。学習語彙だけをFCにする場合も、次のワードの段階からはじめるとよいでしょう。
漢字を見せてからその読み方をひらがなで見せる場合は、「K1」というシートを選び、メニューの「編集」から「コピー」を選びます。コピーの範囲はすでに選択されていますので、他のセルはクリックしないでください。

2.それをワードに貼り付け
「FC一直線」から作業を始めた場合は、次にワードを開いて「編集」から「貼り付け」を選びます。
エクセルなどで語彙管理をしない場合や、あなうめなども要らない場合は、直接ワードで
月曜日
げつようび
火曜日
かようび

などと改行しながら書くといいでしょう。

3.パワーポイントに送信
次は、ワードのバージョンによって操作が違います。オフィス2003の場合はワードの「ファイル」メニューから「送る」に入り、「パワーポイントに送信」を選びます。

Office2007の場合は、ワードの「パワーポイントへ送信」というのが最初は使えません。それを有効にするには「オフィスボタン」から「ワードのオプション」をクリックします。オフィスボタンというのはワードの左上に表示されている一番大きなボタンです。

「ワードのオプション」が表示されたら、「ユーザー設定」→「リボンにないコマンド」→「Microsoft Office Powerpointに送信」→「追加」→「OK」とクリックします。

最初に一度だけこの操作をすると、二回目からは「パワーポイントに送信」のボタンをクリックするだけで済みます。なお、ワード2007の場合、オフィスボタンの下に出てくる「送信」ではなく、オフィスボタンの右側に常に表示されている小さなアイコンが「パワーポイントに送信」です。

4.jpegで保存
上記の作業が済めば、フラッシュカードをパワーポイントで使うことはできます。適当な名前を付けて適当な場所に保存すればいいでしょう。
ただ、iPadやandroidなどのタブレット端末で使うには、これを画像として保存しておくと楽です。

powerpoint2007の場合は、オフィスボタンから「名前を付けて保存」にして「その他の形式」を選び、「Jpegファイル交換形式」に設定します。ここで「保存」を押すと「プレゼンテーションのスライドをすべて保存しますか。それとも現在のスライドだけを保存しますか」と聞かれますので、迷わず「すべてのスライド」を選んでください。

また、ここで「字が小さいので大きくしたい」とよく言われます。一対一なら問題ないとは思いますが、教室で全員に見せるときには、確かにそのままでは小さくて見にくいでしょう。その場合は、たった3ステップですべての文字を拡大することができます。

まず、パワーポイントの画面の左の方にある「スライド」「アウトライン」と並んでいる部分の「アウトライン」をクリックします。そうすると、左側に四角いスライドが一枚ずつ並んでいた表示形式から、文字列だけが並ぶ表示形式に変わります。

その文字列のどこかをクリックしてから、コントロールキーを押しながら「A」キーを押します。これは「すべて選択する」という意味のショートカットです。

次の文字を拡大する操作もショートカットを使うと便利です。文字拡大のショートカットは、コントロール+閉じ括弧。コントロールキーを押しながら、[{などの刻印のあるキーを押してください。私のパソコンの場合、ひらがなの「む」と同じキーになりますが、これはパソコンによって違います。少しずつ大きくなりますから適当なところまで大きくしてください。大きくしすぎたら、コントロールキー+開き括弧で縮小できます。

5.iPadに送信
その後は、iPadに送るだけです。僕の場合は同期がなぜか異常に時間がかかるので、メールで自分宛に送信してからiPad側で受信しています。でも、多くの資料を見ると、USBでつなぐだけでいいみたいですね。

6.iPadで受信
同期を取る方法の人は必要ありませんが、メールで送る人はiPadのメールアプリで受信し、表示されている画像の一つを長くタップします。そうすると「画像を保存」「32個の画像を保存」「コピー」とメニューが出ますので、「32個の画像を保存」などを選びます。この数字はもちろん、添付した画像ファイルの数字ですので、32ではない場合がほとんどです。

なお、iPadはアナログ感覚で使えるところがミソなんだから、画像ファイルの場合は「32枚」と言ってほしいですね。「32個」ではなくて。

7.「写真」アプリを開く
保存された画像は、ぜんぶ写真アプリから表示することができます。

【参考】
ご関心のある方は当ブログの以下の記事もご参照ください。

iPadは人間への回帰、そして終わるフラッシュカードの時代
http://mongolia.seesaa.net/article/152575971.html

iPadなどでFCを使う方法
http://mongolia.seesaa.net/article/157079525.html

漢字フラッシュカード? それ10秒でできるよ。(デモ動画あり)
http://mongolia.seesaa.net/article/97658894.html

それ7秒でできるよ!
http://mongolia.seesaa.net/article/97818934.html


また、『月刊日本語』からいらした方は、「デジタル授業アンケート」と「さい・てん・ぽん!」もご参照ください。

むらログ: 「デジタル授業アンケート」作りました。
mongolia.seesaa.net/article/162739728.html

むらログ: 自動採点ツール「さい・てん・ぽん!」の紹介ビデオ
mongolia.seesaa.net/article/144570159.html

2012年12月8日追記
iPadをFCにする方法について2012年12月にもっと便利な方法を書きました。こちらも合わせてご覧ください。
むらログ: クラウドでiPadをフラッシュカードにしよう! iPadをフラッシュカードにするもっと簡単な方法
http://mongolia.seesaa.net/article/305808377.html
posted by 村上吉文 at 15:22 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
パワーポイント2003ではJPGがリストになかったのですが、
何か代わりになる方法がありますか?
Posted by かわむら at 2010年10月04日 18:30
変ですね。僕の職場のppt2003では、「名前をつけて保存」の「ファイルの種類」のところの上から10番目に「jpgファイル交換形式」というのがありますよ。
Posted by むらかみ at 2010年10月04日 19:16
ありました!
スクロールバーに気づきませんでした(--;
すみません
Posted by かわむら at 2010年10月05日 15:37
なるほど!
そういう罠でしたか。
Posted by むらかみ at 2010年10月05日 18:16
昨日、ちょっとやってみました!
興味を引くことができました。
おまけで少しやっただけなので、まずまず、という感じでした。
アイPadに画像を取り込む際、画像がサイズ順に表示されるみたいで、読みと漢字が離れてしまうことがあります。
どうしたらいいでしょうか(; ;)
Posted by かわむら at 2010年10月14日 06:07
僕の場合はメールで自分宛に送信してiPadで受信しているんですが、その場合はファイルの作成日時順になります。FC一直線で作れば、作成日時順で大丈夫ですよ。
Posted by 村上吉文 at 2010年10月14日 12:51
あとで大きさを微調整するから?
最後にまとめてエクスポートしてるし、パソコンのファイルの順番は読みと漢字のペアになってるのですが。。。
変ですねー
Posted by かわむら at 2010年10月14日 22:23
大きさを微調整するのは、JPEGに出力する前ですよね。だったらファイルができる時は、やはり語彙表のとおりにできるはずなんですが・・・。何ででしょう。
Posted by 村上 at 2010年10月14日 23:35
塾講師です。
英語を教えています。

フラッシュカードが簡単に作れました!
ありがとうございます。

Posted by 森田 at 2010年12月29日 13:58
森田さん、コメントありがとうございます。
ぜひ塾の子供たちを喜ばせてあげてください。
では!
Posted by 村上吉文 at 2010年12月29日 14:07
とてもありがたい情報を、どんなユーザーにも分かりやすく示してくださっていることに心から感謝いたします。

ワタシの使っているのがOffice2007なんですが、今まで見ていたページが2003ベースの説明で、どうしても最後のパワーポイントへのエクスポートのところでどうすればいいのかいまいちわからず相当苛々していたところ、このページのまとめで2007に隠れているパワーポイントへの送信ボタンの出し方で一気に作業が進みました。

今までは現地小学校(オーストラリア)での日本語指導だったのですが、今年からハイスクール7&8年生にも指導するようになるのですが、すでに生徒一人一人に導入されているipadのLOTEでの活用の第一歩が踏み出せそうです。

ありがとうございました。
Posted by Skip@Canberra at 2012年01月26日 11:54
skipさん、ありがとうございます。
こういうコメントをしてくださる方がいらっしゃるので、飽きてきた頃にも何とか続けることができています。
それにしても一人ずつiPadが配られているっていうのはすごいですね。ここエジプトでは教師ですらほとんど使っていません。
Posted by 村上吉文 at 2012年01月26日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック