2010年08月26日

フランス日本語教師会便り58号に掲載されました。

ご無沙汰しております。
相変わらずネット環境の悪いところにいるので、なかなか更新できません。今は近くのネットカフェに来ております。

さて、標記のとおりですが、僕の書いた「ネットで日本語に触れる」という文章をフランス日本語教師会のみなさんが巻頭に使ってくださいましたので、おしらせします。
http://aejf.asso.fr/filemgmt_data/files/AEJF_Tayori_58.pdf

僕の文章の他にも、ポッドキャストの話など、日本語教師に役立つ情報がいっぱいです。もちろん、フランスで日本語を教えてみたい人にはかけがえのない情報になることでしょう。
posted by 村上吉文 at 11:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ネットの有効性、充分感じつつ、また、授業への活かし方などアイディアのところまではたどり着くのですが、とにかく、技術的に追いつかず、苦手なまま年数がたってしまいます。
このままではいけないので、徐々に勉強しようと…まずは、28ページ、プリントアウトしたので、ここから勉強させていただきます。

Posted by あ at 2010年08月26日 23:46
あさん、コメントありがとうございます。
28ページというのは、このブログを28ページ分もプリントしてくださったということですか?
でしたら、月刊日本語の「次世代教師の賢い手抜き術」という連載もぜひご覧くださいませ。
Posted by 村上吉文 at 2010年08月28日 11:13
次はエジプトに行かれるんですか〜?またブログ楽しみにしていますね。
Posted by しんじ at 2010年08月31日 23:25
しんじさん、コメントありがとうございます。
ところで、Twitterの写真、かなりインパクトありますね(^^;)

Posted by 村上吉文 at 2010年09月01日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック