2010年07月27日

日本語教師のためのクラウド化のメリット

日本語教師って、海外への転勤とか、多いですよね。
そういうときに荷物になるのがパソコン。
中でも自作教材などの大事なデータは失ってしまったら二度と手に入らない貴重なものです。

国内いるときも複数の学校を掛け持ちしていますよね。掛け持ちってことは、自分のパソコンを持ち歩くか、それぞれの学校で別々にデータを保存するしかありません。でも、パソコンを持ち歩くのは重いし、ひとつの学校で作った教材を別の学校で使いたいときもありますよね。

それで「クラウド化」です。



IT業界ではもう、何が何でもクラウド化って感じで、ちょっと意味不明なところまで出てきちゃっていますが、まあ、要するに「データもソフトもパソコンに入れないでネット上に保存して、ネット上のソフトを使う」っていうことです。

そうすると、オアソコンを買い換えたりするときも楽になりますよ。
データの引越しもしなくてすみます。
だってパソコンの中ではなくてネットにあるんですから。
ソフトもインストールしなおす必要がありません。
だってパソコンの中ではなくてネットにあるんですから。

とりあえず、メールはyahoo!とかgmailにしましょう。それをoutlookとかでなくてIEとかChromeなどの「ウェブブラウザ」で見るようにしましょう。それがクラウド化の第一歩。どこにいても、自分のメールがチェックできます。海外に引っ越しても、ホテルのパソコンで送受信できます。パソコンを買い換えてもデータの引っ越しをしなくてすみます。

実は、この文章も「エバーノート」というのを使って書いています。ソフトウェア自体がネットにあって、たとえば「保存して閉じる」というメニューとか、テキストを太字にしたり下線を引いたりするボタンも、ブラウザの中に表示されています。昔は「秀丸エディタ」で文章を書いていたんですが、最近はこちらが中心になってしまいました。

オフィスソフト(ワープロや表計算など)のオンラインソフトとしては、以下のようなものがあります。

「Googleドキュメント」
http://docs.google.com/
ワープロ、表計算、プレゼン、図形描画などができます。
MSオフィスのワード、エクセル、パワポなどのファイルも開けますよ。

「ThinkFree てがるオフィス」
http://www.thinkfree.co.jp/common/main.tfo
ワープロ、表計算、プレゼンソフトが無料で使えます。

マイクロソフト自身も自社のワードやエクセルなども、ぜんぶオンラインで無料で使えるようにしています。
http://workspace.officelive.com/ja-JP/
(ソフトを無料でダウンロードできるようにしているわけではなく、ソフトを持っていない人でもオンラインで編集などができるようにしています)

これ以外にも、たとえば動画だったら全部youtubeに保存しておけばいいし、画像ならFlickrとか「フォト蔵」なんかもいいですよね。このようなウェブサイトでは、公開するか非公開にするかも選べます。ただ単に保存するだけの場所として利用することもできるわけです。

そうすると、今度はパソコンがかなり手軽になってくるんですよね。
だって、ソフトもデータも保存しなくていいんですから。

でも、これについては長くなるのでまた別の機会に書きましょう。
posted by 村上吉文 at 07:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
考えとしてはわかりますし、僕もそうしたいところなんですけど、ネットに繋らないとき困っちゃうんですよね…

今、世界中、そんなに常時接続ができるんでしょうか…

僕の行き先はまずアウトでしょうね…固定電話ですら安定していないようですし、停電も多いようですから。

あと、日本で普通にマクドでwifiできるかな、と思ったんですが、yahoo契約しないと駄目なようで凹みました。ただでアクセスできると思っていた自分が甘かったようです…

そういうわけで、やっぱり、メールなどもダウンロードしなくちゃ読めないのは不便なので、自分のアドレスはgmailの方でもfetchさせて、ローカルでthunderbirdで読む、という感じで併用せざるをえません。

自作のウェブサービスサイトも、ローカルでサーバー建てたり。

クラウド化の恩恵も大きいですが、逆に、使えないときの対策を常に考える必要もあったりするのでは、と思いますが…どうでしょう。
Posted by jun arisue at 2010年07月28日 15:18
Arisueさん、コメントありがとうございます!

カイロはちょっと分かりませんけど、ケニアはどうなんでしょうねえ。確かにむずかしいかも・・・

それから、メールは僕の場合はケータイでも見ているので、PCからアクセスできなくても、あまり気にならないんです。

でも、確かに自作サイトを管理しているような場合は、逆にローカルにバックアップしたりする必要が出てきそうですね。

Posted by 村上吉文 at 2010年07月28日 19:38
あ、携帯でメールですか…

フランスの端末だと日本語駄目だし、携帯メールは使ったことないですね…
twitterとかも必然的に日本語はアウトですし。

日本はガラケーとかで勝手に独自進化しちゃったりしていますが(個人的にはそれがすごく嫌です。特に企業先導で国内産業を守ってるのでしょうか)、ベトナムなどのアジアの他の国はどうなんですかね。

日本はPCより携帯ですからね…
Posted by jun arisue at 2010年07月29日 02:38
携帯はアンドロイドなんですよ。
OSに日本語メニューが入っていなかったのを、日本語IMEだけはダウンロードして使えるようになりました。
けっこう快適なんで、おすすめです。
Posted by 村上吉文 at 2010年07月29日 06:39
Android、使えるんですか。
僕も検討してみます!
Posted by jun arisue at 2010年07月29日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック