2010年07月10日

「世界の日本語教育の現場から 2010」公開

むらログ読者のみなさま、おひさしぶりです。
7月2日から昨日までハノイを離れておりまして、ブログの更新が止まっておりました。一部の方にはご心配をおかけしましたが、元気にしております。

さて、再開後の最初のお知らせは「世界の日本語教育の現場から 日本語専門家の声」の2010年度版が公開されたお知らせです。

「世界の日本語教育の現場から 日本語専門家の声」

http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/index_2010.html

このサイトは国際交流基金から世界各地に派遣されている日本語教師が現場の話を書いているもので、2002年からいろいろな国のナマの情報をお届けしています。

今回の僕の原稿はこちらにあります。
「ご支援ありがとうございました。ベトナム日本人材協力センター(ハノイ)村上 吉文」
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/vietnam/2010/report01.html

モンゴル時代の僕の原稿はこちらです。
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/mongolia/2002/report01.html
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/mongolia/2003/report01.html
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/mongolia/2004/report01.html
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/mongolia/2005/report01.html

今年の派遣で募集中のポスト
前回、今年の基金派遣の募集情報を紹介しましたが、そこに出ている現場の話はこちらで読めますよ。

アイルランド(上級専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/seiou/ireland/2010/report01.html

中国(上級専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/china/2010/report03.html

フィリピン(上級専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/philippines/2010/report03.html

マレーシア(上級専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/malaysia/2010/report01.html

南インド(上級専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/minami_asia/india/2010/report03.html
(上記の手記はバンガロールですが、次回の派遣から南インドはハイデラバードになるようです)

韓国(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/korea/2010/report01.html

中国(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/higashi_asia/china/2010/report03.html

インドネシア スマラン(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/indonesia/2010/report05.html
こちらではパワーポイントの使い方などの「IT研修プロジェクト」も行われているようです。

タイ(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/thailand/2010/report06.html

フィリピン セブ島(専門家)
フィリピンは上記の上級専門家はマニラに派遣されるようですが、専門家の派遣されるセブ島は新規なので、前任者がいません。もちろん、記事もありません。

マレーシア AAJ(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/tounan_asia/malaysia/2010/report03.html

スリランカ(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/minami_asia/srilanka/2010/report01.html

シドニー(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/taiyoushu/australia/2010/report03.html
ここでは「映画で学ぶ日本語・日本文化『しあわせ家族計画−日本語・日本文化学習キット』」というのが紹介されていて、とても面白そうですね。著作権の問題の解決など、苦労されたのではないかと思います。

ドイツ(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/seiou/germany/2010/report01.html
ここに出てくる「KinderUni」というのは日本語を全然知らない人にたった二時間で日本に初めて触れてもらうという仕事で、モンゴル時代に僕も似たことをかなりやっていたので、非常に興味深かったです。

ウクライナ(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/touou/ukraine/2010/report02.html

ハンガリー(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/touou/hungary/2010/report01.html
「日本語をおしえない日本語教師」という表現が出てきますが、基金の「現場型」でない派遣先の意外に地味な日常がつぶさに描写されていて、華麗なる仕事だと思っていらっしゃる一部の方には参考になるのではないかと思います。はい、僕も「日本語をおしえない日本語教師」の一人です。

ロシア ハバロフスク(専門家)
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/dispatch/voice/touou/russia/2010/report03.html

なお、指導助手も募集されていますが、具体的な派遣先情報がないので、現時点ではご紹介できません。のちほど、以下のページに載ることになっています。
http://www.jpf.go.jp/j/about/adoption/japan_23_haken3.html
posted by 村上吉文 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック