2010年06月17日

自律学習とtwitter



ハノイ日本語教師会の「授業のあれこれ話す会」で自律学習について語りました。でも、声があまりよくとれていませんので、以下でお聞きになれます。

(三角の再生ボタンを押してください)

五分間の音声です。このときは特にパワーポイントなどは用意していなかったので、逆に音声だけでも僕の言いたいことは大体分かると思います。

この会ではクラスの進度について来れなくなってしまった学習者にたいしてどうすればいいのかを話し合うことになっていまして、僕の体験談もそういった切り口になっています。

なお、音声の最後に出てくる桜美林大学の本というのは、以下のものです。



会の様子は以下でもご覧になれます。
http://d.hatena.ne.jp/Hanoi_Nihongo/

ところで、以下のことは会では申し上げなかったんですが、自律学習というのはtwitterと非常に相性がいいんじゃないかな、と思います。

というのも、自律学習では何となく勉強するのではなくて、きちんと計画を立てて、それがどの程度達成されたかを評価することが大事だからです。まあ、計画立案にtwitterがそれほど役に立つとは思いませんけど、毎日何をしたのかを記録するには向いていますよね。特に、特定のハッシュタグをつけておけば後で自分で振り返るのも簡単ですし、学校側が評価するときにも簡単です。

自律学習ではないのですが、ハッシュタグを使って学習記録をつけるという手法は、Stephen Dowensのしかける「学習の高速道路の走り方」コースでもご紹介しています。

posted by 村上吉文 at 06:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
自律学習とツイッター!!非常に興味があります。
Posted by kanae at 2010年06月17日 12:31
kanaeさんの世代の学習者には、もう一斉授業なんて、非効率で退屈すぎますよね。これから旧世代の教師との軋轢とかが問題になりそうだなあ。
Posted by 村上吉文 at 2010年06月17日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック