月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2010年06月13日

「言い直し」

「言い直し」ってあんまりスマートな表現ではありませんが、僕が自分の聴解力を育てるためにやってみて、非常に役に立つと実感している方法です。ビジネス日本語なんかを教えるには役に立つかもしれません。

というのも、ビジネスの現場の定例報告などは、かなりパターンが決まっている場合が多いので、そのパターンを覚えれば、後はかなり聞きやすくなるんですよね。でも、問題は最初にそのパターンを覚えるのが難しいということです。

それで、定例報告のような会話をいったんICレコーダーなどで学習者に録音してもらいます。それなりの立場にある人だったら、特に許可などいらない場合もあるでしょう。それで、母語話者がその音声データをゆっくり言い直すのです。その言い直したデータも録音して学習者に渡しておくと、現場に即した非常に役に立つ練習になります。

一度このような練習をするだけで、それまで長い間聞き取れなかった報告などが、驚くほど耳に入ってきます。文章はほとんど同じで数字だけ違うような報告の場合は、特に威力が発揮されるものと思います。

ただ、何度も書きますが、これが役に立つのは定例報告のような場面だけです。たとえばブレインストーミングなどをしているときなどは、パターン化された発言はほとんどないでしょうから(あったら仕事の仕方に問題があると言えそうです)、この方法は使えません。というか、僕自身、そういった場面ではベトナム語が全然分かりません。
posted by 村上吉文 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153083338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック