月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2010年03月12日

セミナー「最新語彙習得論」のスライドと音声を公開

昨日につづきましてセミナー資料のご紹介です。今日は「最新語彙習得論」。対象は学生ではなく、現役の教員です。
エビングハウスの忘却曲線や偶発的学習、メンタルレキシコンなどの理論的背景と、このブログでも紹介している岡田順子先生の実践などをご紹介しています。



で、音声はこちらです。
http://ia331215.us.archive.org/1/items/OpenSeminaronJapaneseLanguageEducationinVietnam/100308_006.mp3

最後に出てくる「印象派2.0」というツールは以下からダウンロードできます。
http://mongolia.seesaa.net/article/125102746.html
posted by 村上吉文 at 22:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
 ちょうど「語彙の教え方」ってどんなのがあるかな・・と試行錯誤していたところだったので、ありがたいです!
 
 最後の辞書を使った問題作り、やってみたいなあ。
Posted by hako at 2010年03月14日 11:16
コメントありがとうございます。
辞書の例文を使ったやり方ですが、紙の辞書よりも電子辞書のほうが例文があって使いやすいようですよ。岡田順子先生によると、英語では逆のようですが。

では、今後ともよろしくお願い致します。またきてくださいね。
Posted by 村上吉文 at 2010年03月15日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143477059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック