2009年08月20日

日本語教師にとっての各党のマニフェストの意味とは

衆議院選挙が公示になったので、日本語教師の視点で各党のマニフェストをざっと見てみました。いや、誤字を探すとかそういう視点じゃなくて、日本語教師にとってどの政党が魅力的か、という視点です。

まず、非常に残念なのが民主党。日本語教育はもちろん、「日本語」という言葉すらマニフェストに出てきません。わずかに関係がありそうなのが、以下の部分です。
国際社会の中で、多様な価値観を持つ
 人々と協力、協働できる、創造性豊か
 な人材を輩出するためのコミュニケー
 ション教育拠点を充実する。

でも、この部分も日本人が対象ですよね、きっと。

次に自民党のマニフェストをダウンロードしてみたんですが、びっくりしたのが検索できないってこと。まじっすか? こういうユーザー視点の欠如がまさに自民であります。

しかし、日本語教育に関しては民主党より自民の方が注目しているようです。
以下はマニフェスト検索サイトまにけんでの検索結果です。

「日本語」の検索結果
すべて(9)
幸福(4)
公明(3)
自民(2)

【自民党】
さらに、特別支援教育、自然体験学習、環境教育、キャリア教育、日本語教育、理数教育、英語教育、読書活動等を進める。
さらに、日本の優れた法制度や保健医療システム等の対外発信を高めるとともに、戦略的な日本語普及、知的交流、科学技術外交を進め、日本のソフトパワーを強化する。

【公明党】
世界中に拡大しつつある日本語習得希望者の増加に応えるため、国内外の日本語教育体制を強化します。具体的には、カリキュラムの基準や教材を認定するための法制化や日本語教員養成の充実を図ります。
外国人の就学支援のため、支援員・日本語教育指導員の配置を推進します。
定住外国人労働者に対し、国と地方公共団体との連携により日本語研修や職業訓練の実施を通じた就労の確保を支援します。また、本人家族の医療や教育の確保など、総合的な支援を強化します。

【幸福実現党】
驚いてしまうのがこの党。かなり思い切ったことを書いています。まあ、実行力があるのか分からないし、私も宗教団体が権力を持つことには反対なのですが、島国根性まるだしの既存政党はまったく違う新鮮さはありますね。日本語教師にとっては嬉しい政策ばかりです。以下にマニフェストから引用します。
夜間や土日に公立の小中高校で日本語教室を開き、在住外国人や移民が日本語を習得する機会を増やします。
日本で働きたい外国人で、日本語が一定程度できる人が、介護職やベビーシッター、家政婦として入国し、働けるように入管規定を緩和します。
在住外国人が日本語を習得する機会を増やすなど、外国人が住みやすい街づくりを行います。外国人の帰化を積極的に進めます。相続税の廃止で、海外の富裕層が日本に移り住むよう促します。
外国人の帰化を積極的に進めます。日本で約5年働き、犯罪を犯さず、一定の日本語能力のある外国人で、「有事の際には日本の防衛のために戦う」と宣誓・署名する人には原則、国籍を付与することとします(ケースによっては1年間の自衛隊入隊を追加条件とします。併せてスパイ防止の法制度を整備します)。

日本語関係者にとって、この党の最大の特色は移民政策です。「まにけん」の「移民」の検索結果は目を通しておいても損はないかもしれません。移民政策を採るしかないということはみんな分かっているのに、労働団体などとのしがらみがあると、とてもそんなことは言えないんですよね、わかります。

さて、以下は「留学生」の検索結果です。

【公明党】
留学生政策を推進するための体制の見直しを行い、予算を拡充します。
日本人高校生・大学生の留学生派遣20 万人を目指します。
2020 年までに留学生受け入れ30 万人を目指し、当面5年間で大幅な拡大と留学生を受け入れる環境整備を推進します。
高校生・大学生の海外留学や海外の研究者の受け入れを進めるとともに、若手や女性の優秀な研究者が能力を発揮できるような環境整備を進めるなど、グローバルに活躍できる人材の育成と確保に取り組みます。
ASEAN(東南アジア諸国連合)を基軸に関係強化を進め、人材育成や留学生の受け入れ・国内企業での活躍促進等を図り、エネルギー問題協力、観光の振興、環境破壊や汚染拡大の防止など東アジア地域全体における広範な課題に取り組む東アジア共同体構想を実現します。

【自民党】
国立大学運営費交付金や私学助成の充実等により、高等教育の財政基盤を強化する。特に地方大学を重点的に支援する。「留学生30万人計画」を進め、国際化拠点大学30大学を重点的に支援する。


こちらは「外国人」の検索結果
すべて(34)
公明(18)
幸福(12)
自民(2)
改革(2)

「日本語教育」の検索結果
すべて(3)
公明(2)
自民(1)

ちなみに、ここまで民主党の検索結果が妙に少ないので「マニフェストの文章の量が違うのでは?」とお考えの方もいるかもしれませんが、たとえば「子育て」の検索結果はこんな風になっていて、民主が少ないというわけではないんですよね。
すべて(123)
幸福(42)
民主(37)
公明(26)
改革(10)
自民(4)
共産(3)

「外交」の検索結果も民主の方が高くなります。
すべて(82)
民主(25)
自民(15)
公明(13)
共産(10)
改革(7)
幸福(7)
国民(4)
社民(1)

さて、最後に、少なくとも来年八月までは国際交流基金から給料をいただいている私の個人的な関心ですが、「独立行政法人」の検索結果もご紹介しておきます。
すべて(6)
民主(2)
公明(2)
自民(1)
社民(1)

【民主党】
独立行政法人の実施する事業について、不要な事業や民間で可能な事業は廃止し、国が責任を負うべき事業は国が直接実施することとして、法人のあり方は全廃を含めて抜本的な見直しを進める。
特別会計、独立行政法人、公益法人の仕事を徹底的に見直します。

【公明党】
独立行政法人、公益法人の事業を見直し、引き続き公的に実施するべきものとそれ以外を厳格に仕分けして、民営化を促進します。
退職公務員の独立行政法人、公益法人等役職員の給与・退職金を大幅に引き下げます。

【自民党】
独立行政法人や公益法人への支出を引き続き厳しく抑制する。また、独立行政法人において、政府出資による資産の国庫納付に伴う減資を認め、不要財産の国庫納付や処分が可能となる立法措置を講ずる。なお、補助金等により造成された基金については、透明性を確保し、その使途を決められた政策目的に限定するなど、適切に執行する。


日本人の一人としては政権交代が望ましいとは思うのですが、日本語教育にまったく関心を払わない民主党が政権を執って独立行政法人の整理をするのは、ちょっと困るなあ、というのが率直な心情です。

いずれにせよ、我々一人一人がしっかりと判断しなければならないので、みなさんも関心のあるキーワードで「まにけん」を検索してみてください。


マニフェスト検索サイト「まにけん」
http://manifesto.shuugi.in/
posted by 村上吉文 at 07:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
記事引用させていただきました。

不可の場合はコメントください。

よろしくお願いします。

『オーパの幸福実現党応援宣言!』
http://elhappy.blog51.fc2.com/blog-entry-151.html

by ohpa
Posted by ohpa at 2009年08月20日 11:04
日本語教師も政党のマニュフェストくらいは目を通しておかなければなりませんね。
反省。。。
勉強になりました!
Posted by アキラ at 2009年08月21日 13:07
マニフェストも大切ですが。。。
あまり多くを語りたくありませんが、
こういう動画もあるので見た方がいいです。

http://www.youtube.com/watch?v=PcR19z7gjBI&feature=channel_page

反論者を含めての討論会を行った動画とかもあるので、興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?


Posted by すみません、匿名! at 2009年08月24日 20:57
村上さん、みうらです。ご無沙汰してます。
民主党のマニフェストには日本語教育に関する言及はありませんが、民主党政策集INDEX2009というさらに詳しい政策説明に以下のように書かれています。
「国内外における日本語教育の充実」
 すべての児童をおよび生徒に、文化的素養を醸成し、他者との対話、交流および協働を促進する基礎となる国語力の習得を推進します。国内外における日本語教育を充実させるとともに、海外の日本語学習者への日本語専門家の派遣や、外国人日本語教師の訪日研修など、海外における日本語教育を支援します。

これだけ具体的に書いてあるとなると、やはり見逃せないのではないでしょうか。もう選挙は終わってしまいましたが。
Posted by みうらたかし at 2009年09月04日 11:43
そうでしたか! 専門家の派遣も書いてるんですね。
それでちょっと安心です。いずれにせよ、新政権の船出が楽しみですね。最初は温かい眼で見守りたいです。

参考URL
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/11.html#国内外における日本語教育の充実
Posted by 村上吉文 at 2009年09月04日 11:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック