2009年07月07日

国際交流基金の求人が出ています。

国際交流基金の専門家や指導助手の、年に一度の求人情報が出ていますのでお知らせします。

1. モンゴル(ウランバートル)
2. モンゴル日本人材開発センター

1. インドネシア(スマラン)
2. スマラン国立大学

1. タイ(コンケン)
2. コンケン大学

1. マレーシア(クアラルンプール)
2. マラヤ大学予備教育(学科長)

1. マレーシア(クアラルンプール)
2. マラヤ大学予備教育(主任)

1. ラオス (ビエンチャン)
2. ラオス国立大学

1. ニュージーランド(ウェリントン)
2. ニュージーランド教育省

1. シリア (ダマスカス)
2. ダマスカス大学

1. エジプト(カイロ)
2. アインシャムス大学

1. インドネシア(ジャカルタ)
2. ジャカルタ日本文化センター
2. ニューデリー日本文化センター

1. ベトナム(ホーチミン)
2. ベトナム日本文化交流センター

1. オーストラリア(シドニー)
2. シドニー日本文化センター

1. イギリス(ロンドン)
2. ロンドン日本文化センター

1. ドイツ(ケルン)
2. ケルン日本文化会館

1. フランス(パリ)
2. パリ日本文化会館

1. スペイン(マドリッド)
2. マドリッド日本文化センター

1. ハンガリー(ブダペスト)
2. ブタペスト日本文化センター

1. エジプト(カイロ)
2. カイロ日本文化センター
http://www.jpf.go.jp/j/about/adoption/japan_22_haken.html


ここでは国名と機関名しか引用しませんが、リンク先で詳しい情報が参照できます。
もっと詳しい情報を知りたい人は、実際に派遣された人たちの手記『世界の日本語教室から―日本を伝える30カ国の日本語教師レポート』をご覧になるのがいいのではないかと思います。


この記事へのコメント
村上先生、本を紹介してくださって、ありがとうございます。

とてもこの本の編集、大変苦労しました……。

でも、中身はさすが、現地で学生に直接教えていらしゃる先生方の生のレポートなので、各国の文化や学生気質など、面白エピソード満載です。

「どこにあるんだろう?」というような国(私が知らないだけなんですが……)にも、熱心に日本語を学んでくれている人がいることがわかって、「ありがたいなあ」という気持ちになります。
Posted by 編集者A at 2009年07月11日 10:27
応募要項が変わって、私は応募できなくなってしまいました。しょぼ〜ん。

でも遅ればせながら、(現在36歳)今年大学院入ったので卒業してからがんばります。

私みたいな人は結構いるかも?
Posted by MSD at 2009年07月17日 01:07
編集者Aさん、
この本はまた紹介させていただきますので、ご期待ください。

MSDさん、実はうちの妻とかもそうですし、現在派遣中の専門家の中にもそういう人がいるんですよ。
Posted by 村上吉文 at 2009年07月17日 07:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

国際交流基金から海外に派遣された人が選んだ日本語教育関連の大学院トップ3
Excerpt: 公的な機関で働くために修士が要求されるようになってから、もう随分たちますね。これから日本語教師を目指す人たちにとっての一つの関門が大学院となっています。私もよく、大学院選びについて相談を受けることがあ..
Weblog: むらログ
Tracked: 2009-07-17 07:28