月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2009年04月28日

新型インフルエンザと2000年問題

新型インフルエンザがフェイズ4になりました。
これで、JICAの技術専門家の随伴家族などには退避勧告が出ることになります。(昨年11月20日国際協力人材部健康管理センター課の通達による)

ただ、こういう時期だからこそ書いておかなければならないと思うのですが、医療の専門家の言うように感染者の半数、国民の一割が死亡するような事態に本当になるのか、医療関係者ではない人間としては、いまいち無条件に信じていいものか分かりません。厚生労働省のサイトでは、パンデミックが起きると最低でも日本国内で17万人、つまり阪神大震災の三十倍の死者がでるという予測になっています(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#1-1


というのも、まず第一に、善意の人であればあるほど医療関係者は「いや、大丈夫でしょ」みたいなことは言えないと思うんですよね。医療関係者は病気から人の命を救うのが使命であり、「ここまで心配するほどのことなのか」と内心思っていても、万が一でも実際に準備を怠って被害を拡大してしまうことにつながりかねないようなことは言いにくいのは理解できます。

第二に、ごく一部の医療関係者にとっては、新型インフルエンザが莫大なビジネスチャンスになっているという点です。この点については、詳しく述べるつもりはありませんが、誰でも想像できることでしょう。そういう人たちにとっては危機を煽れば煽るほど、お金が儲かる構造になっています。

それで、こんな時期だからこそ思い出しておきたいのが、コンピューターのソフトウェアにバグがあって社会が大混乱に陥るだろうと言われていた2000年問題です。

たとえばウィキペディアにはこんな風に書いてあります。
なお、2000年問題の深刻さについて疑問を持つ専門家などは、1月1日よりも2月29日の方が大きな騒ぎとなったことをもって、「そもそも重大な危険が存在しなかった」とする者もいる。これに対して、「対策を行ったため結果として大きな問題が発生しなかったのであり、何の対策も行わなかった場合は大きな問題が発生していただろう」との反論がされている。wikipedia

では、その「何の対策も行わなかった場合」はどうだったのか。こんな報道もありました。
ロイター 1999年10月14日
ワシントン発――米国務省は2000年問題に関して「内容を強化した」旅行勧告を発表する予定であり、さらに米国の外交職員およびその家族の退去を宣言するかもしれないと、政府の担当者が米国議会に対して13日(米国時間)述べた。
(中略)
「ロシアなどいくつかの国々では、準備があまりに整っていないため、広範囲にわたり通信障害が起こる可能性が高い」と、ガーシュイン氏は上院の2000年問題特別委員会で述べた。
2000年問題で米が警告「ロシア旅行は避けろ」

ロシアなどでは実際に十分に対応が行われなかったのですが、2000年があけた後のロシアの状況について、首相官邸の資料はこう記録を残しています。
ロシア
在ロシア日本大使館、在ハバロフスク日本総領事館、在ウラジオストック総
領事館、在サンクトペテルブルグ日本総領事館、在サハリン日本出張駐在官事
務所の情報によると、異常なし。
在ロシア日本大使館の情報によると、ロシア原子力危機管理センターの1 日の
発表では、ビリビノ原発(カムチャッカに所在)は4機とも異常なし。
また、報道(イタル・タス)によると、ロシア国防省筋は、ロシア軍における2000
年問題は解決されたと述べた。露米のチームが両国の軍事施設において共同の戦
闘当直体制に就いている。国防省学術研究センター所長は31 日、新年はもうロ
シアで始まっており、国防省のコンピュータは、トラブルなく正常に稼働してい
ると述べた。
ロケット・宇宙防衛部隊司令官セイゲル・マルティノフ中将が「イタルタス」
記者に述べたところでは、同軍及び他のロシア連邦軍軍種の中央指揮所における
コンピュータの障害、トラブル、誤情報、警告信号は認められていない。
2 日、在ロシア日本大使館がロシア外務省に照会したところ、重要インフラ及
び原子力すべての分野で問題は報告されていない旨回答があった。
首相官邸「コンピュータ西暦2000年問題」


繰り返しておきますが、私は医療関係者ではありません。
もしかしたら、新型インフルエンザは世界の終わりなのかもしれないし、そうではないのかもしれません。
ただ、一般人の一人として、危機を煽る専門家を無条件に信じていいのかどうかには疑問を持つべきだということだけはお伝えしたいと思っています。

タグ:社会時評
posted by 村上吉文 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

一人歩きする「死亡者17万人」という推定
Excerpt: 私自身が誤解をしていたんですが、他にも大勢、同じ誤解をしている人が多いし、ことがことなので訂正をしておきたいと思います。 それは厚生労働省の新型インフルエンザの死者に関する推定の表現です。 同省結核..
Weblog: むらログ
Tracked: 2009-05-02 19:17