2009年03月31日

『月刊日本語』五月号からいらした皆様へ

月刊 日本語 2009年 05月号からいらした皆様、今月もご購入をありがとうございます。

(四月号までの記事からこのブログへいらした方はこちらへ)

五月号では、Googleのストリートビューを日本語教育の現場でどのように利用するかをご紹介しました。海外にいる人間にとって、本当にスゴイ時代が来たなあ、という感じがしますね。

ストリートビューへはこちら(↓)から。これは鉄骨の東京タワーのすぐ下に日本風な屋根のある門があったので、その組み合わせが面白いと思って選んだものです。


大きな地図で見る

これ以外には、以下の記事もご参考になるのではないかと思います。

むらログ: 学習者が喜びそうな日本のストリートビュー
http://mongolia.seesaa.net/article/115407407.html


おすすめサイトはこちらです。
http://www.cool47.jp/
ストリートビューは道路から車で撮影しているんですが、こちらは観光地の中まで入って、三脚で撮影しているようです。

また、解説で触れているアイデアのちからについては、まだこのブログできちんと紹介できていないんですが、自分のアイデアを人に伝える方法を解説した本で、非常に役に立ちます。勝間和代さんもおすすめ。私がこの本を参考にして書いた記事がこちらです。

むらログ:「学習の高速道路」で語学を身につけるために必要な、たった三つのシンプルなツール
http://mongolia.seesaa.net/article/112727323.html




記事では取り上げませんでしたが、ストリートビューに似たツールとしては「ライブカメラ」もありますね。こちらでいろいろな一覧がご覧になれます。
http://www.jouhoukan.com/livecam/


なお、私の連載「次世代教師の賢い手抜き術」は以下の号でご覧になれます。



posted by 村上吉文 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Googleストリートビューで道案内タスク
Excerpt: 月刊 日本語 2009年 05月号にもGoogleストリートビューについては書きましたが、先日、ハノイ日本語教師会の勉強会でも、このストリートビューを使ったタスクの例をご紹介しました。そのときに使った..
Weblog: むらログ
Tracked: 2009-09-24 07:11