2009年03月23日

Youtubeのanotationは板書っぽく使える

oborodin.jpg動画共有サイトのyoutubeに「anotation」という機能があるんですが、これって板書代わりに使うことができるんですね。左の画像を見れば一目瞭然。
こういった動画での日本語学習には非常に効果がありそうですね。
また、たとえばセミナーの内容を動画にするときもありますが、パワーポイントの内容まで写せないときなんかにも、重宝しそうです。

ところでこの人、一見こわそうですが、声は非常にソフトで、たぶん学生にも人気があるんじゃないかな。「もし〜なら」の文型を説明しています。


動画はこちらからどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=lvpOc3syWbk
posted by 村上吉文 at 08:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ほお〜。おもしろいですねえ。
YouTubeで外国語教育、やってみたいです。
この動画に出ている方の説明も興味深かったです。たしかに人気がありそうですね。
他のも見てみます。
Posted by こみみ at 2009年03月27日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック