2008年12月21日

セミナー「アニメを使った日本語教育」のご報告

 もう一週間が過ぎてしまいましたが、日程などの都合でセミナーに参加できなかった方もいらっしゃいますので、こちらでご紹介いたします。
 タイトルは「アニメ映画を利用した日本語教育」でした。

 まず、セミナーで使ったパワーポイントの資料です。右向きの三角をクリックすると次のスライドに進むことができます。
フラッシュに変換されたときにちょっとレイアウトが崩れていますが、ダウンロードしていただければ、普通に見えるはずです。



では、以下から動画でご紹介します。最初の動画はセミナーの内容とは直接関係がありませんが、アイスブレーキングの説明をしているところです。参加型のセミナー開催にご関心がある方にはご参考になるかもしれません。


アイスブレーキングの部分です。


上の動画の続きで、アイスブレーキングの途中です。




スライドでいうと5枚目以降ですが、グループで体験を共有しているところです。


スライド10枚目以降です。ARCS動機付けモデルの「R」の部分を説明しています。


スライド17枚目以降です。インドネシアの西隈先生の論文をご紹介しています。


スライド35枚目以降です。日本の英語教育における映画の利用について説明しているところです。


スライド43枚目以降です。お得情報の書籍「映画で日本文化を学ぶ人のために」をご紹介しています。


この後のデモンストレーションの部分は録画されていませんでしたが、デモンストレーションで使ったスライドは、基本的に以下で紹介している物とほとんど同じです。ご参照ください。

「むらログ: 高速道路を造ってみる」
http://mongolia.seesaa.net/article/72246305.html

posted by 村上吉文 at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック