2008年12月11日

緊急救援募金「ミヒルバングリさんを救う会」

中国ウィグル族の若手日本研究者が白血病にかかり、骨髄移植を待っています。しかし、その手術代が足りず、「救う会」が発足しました。
http://blog.goo.ne.jp/gulichan

この手の募金にいかがわしいものがあるのは事実で、「あなたのブログで紹介してくれ」と言われて、私も断ったりすることがあります。

ただ、
今回の募金に関しては、私が直接知っている東北師範大学の桂先生の教え子ですので、そう言った心配はしていません。規約もきちんとあり、余剰金が出た場合や、骨髄移植ができなかった場合に募金をどうするかについても明確になっています(15条と16条)。なお、「救う会」の代表は順天堂大学の稲益智子さんです。身元もしっかりしていると言っていいでしょう。

ぎくしゃくしがちな日中関係においては、彼女のような日本研究者はもっと必要とされていますし、日本からの支援でその命を救うことができるのでしたら、それは間違いなく両国にとってプラスになるはずです。その意味で、日中友好議員連盟などにも働きかければ、動いてくれるかもしれません。(というような、命の重さにプライオリティをつけるような書き方は自分でも嫌いなのですが)

募金口座は以下の通りです。
【口座名義】
ミヒルバングリさんを救う会
(ミヒルバングリサンヲスクウカイ)

三菱東京UFJ銀行
春日町(かすがちょう)支店
口座番号(普通)0041056

posted by 村上吉文 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック