2008年11月11日

クチコミマーケティングをやってみた。

昨日のエントリーで宣言した「本を売る努力」ですが、出版社の広告費が使えるわけではないので、ネットを使ったクチコミマーケティングをやってみようと思っています。

では、クチコミマーケティングとは何でしょうか。最近では専門書も出ていますが、ここでは自分がやった例をご紹介してみます。

以下はyahoo360という、日本でいえばmixiにあたるサービスで、私が開いたページです。
ベトナムで最大手のSNSですね。
http://360.yahoo.com/midogonpapa

最初はベトナム語の勉強のために開いたのですが、職場のイベントの広報にも使うことにしました。広報用の最初のエントリーはこちらです。
http://blog.360.yahoo.com/blog-Zekyj0c8cqKOn76ost6MBoUayw--?cq=1&p=9

私のベトナム語力では、正直、2,3行でも大変なのですが、たぶん「このイベントのことをブログに書いてくれたら、このTシャツをプレゼントします!」という主旨には理解できるはずのベトナム語で書いています。(注1)

それと同時に、ハノイ在住者を中心に、日本語学習中のベトナム人のページにコメントをし続け、Friends(mixiで言うところのマイミク)を増やしました。現状では137人がFriendsになっています。

日本にも「ここが変だよ日本人」みたいな番組がありましたが、ベトナムでもこんなベトナム語初級者がヘタクソなベトナム語で仕事の広報をしているというのは面白かったようで、いろいろなところで「ブログ見ました!」と言われました。

そして、すぐにこのキャンペーンに反応してくれた5人は、Tシャツを渡したその場で着てもらい、その写真をブログに載せました。
http://blog.360.yahoo.com/blog-Zekyj0c8cqKOn76ost6MBoUayw--?cq=1&p=22

その後も、全部は載せられませんでしたが、書いてくれた人たちがTシャツを取りに来てくれたときには、できるだけ写真を撮って、広報に使わせていただけました。
http://blog.360.yahoo.com/blog-Zekyj0c8cqKOn76ost6MBoUayw--?cq=1&p=47
http://blog.360.yahoo.com/blog-Zekyj0c8cqKOn76ost6MBoUayw--?cq=1&p=36
載せられなかったみなさん、ごめんなさい!(注2)

今年のイベントは目玉の日本研修という賞をもらえるのが大学生限定になってしまって、社会人や高校生の応募がなくなってしまったのですが、結果としては昨年を上回る応募者を確保することができました。もちろん、努力したのは主催者全員であって、このクチコミキャンペーンだけではないのですが、昨年はなかったチャンネルが一つできたのは事実です。

これはクチコミマーケティングのほんの一例にすぎません。ご興味のある人は、「バイラルマーケティング」というキーワードで検索すると、もっと専門的なことが勉強できるでしょう。私は入門編ぐらいの本しか読んでいませんが、参考にしたのは『クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング』です。もちろん、これで何もかもうまくいくというわけではないので、批判的な『そんなんじゃクチコミしないよ。 <ネットだけでブームは作れない!新ネットマーケティング読本>』もご紹介しておきます。




注1:Yahoo360でなくて、普通のブログでやるのでしたら、「トラックバックキャンペーン」というのが楽です。つまり「言及してトラックバックしてくれたらプレゼント!」とするわけですね。ただし、Yahoo360にはトラックバック機能がないので自己申告制にしました。

注2:この写真とプロフィールの写真が違いすぎるというご指摘も受けていますが、何か? そういえば、実際に会った後で、「先生の写真、カッコイイですね」というコメントをもらったこともあったなあ。謙虚な人だ。

posted by 村上吉文 at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック