2008年10月16日

がんくつロボ、海を越える!


ちょっと有料の本の宣伝が続いてしまいましたが、今度は無料ツールのご紹介です。

今まで、このブログでご紹介してきたツールのうち、特に海外から「がんくつロボが動かない!」という声を何度かいただいてきました。私自身の環境ではまったく問題なかったのでどうしてなんだろうと思っていたんですが、
ベトナムに引っ越してから理由が分かりました。

実は、エクセルの機能というのは、日本語版と英語版で違うんですね。

phonetic関数というのが英語版にはないらしいというのは、前から把握していたんですが、ベトナムで日常的に英語版エクセルを使うようになると、それ以外にも「がんくつロボ」で使っているcode関数というのが、英語版では動かないことが分かりました。

それで、今回のバージョンになるのですが、phonetic関数がない以上、「語彙リストに漢字があったらその読み方を自動で表示する」という機能についてはあきらめる他ありません。「読み方」の部分はキーボードから入力してください。

ただし、「語彙リストに漢字があったら」という条件分岐のところで使っていたcode関数も削除しましたので、「読み方」に何らかのデータが入力してさえあれば、そのデータを利用して練習問題プリントを自動生成する機能はそのまま使えます。(今までのバージョンでは、手で読み方の欄を入力しても、英語版エクセルでは自動生成されませんでした)

その語彙が漢字かどうかの判定は、「読み方」にデータが入力されているかどうかでおこなっています。したがって、ひらがなやかたかなの語彙の「読み方」の欄に、おなじひらがななどを入力してしまうと、間違って「この語彙は漢字が含まれている」と判断されて、漢字の練習プリントに出題されてしまいます。漢字のない語彙は「読み方」の欄には何も入力しないでください。

ということで、「がんくつロボ」の海外版です。(正確には英語版エクセルで動かすためのバージョンですが)

無料ですので、かわいがってやってください。

エクセルの語彙表から練習プリントを完全に自動生成できる「がんくつロボ」の海外版
GankutsuROBO2.7_kaigai.xls
操作デモの動画はこちらです。
http://mongolia.seesaa.net/article/100777788.html

エクセルの語彙リストから半自動でパワーポイントのフラッシュカードを生成する「FC一直線」の海外版
FC kaigai.xls
使い方の説明「漢字フラッシュカード? それ10秒でできるよ。(デモ動画あり)」
http://mongolia.seesaa.net/article/97658894.html
使い方の補足「それ7秒でできるよ!」
http://mongolia.seesaa.net/article/97818934.html
posted by 村上吉文 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック