2008年10月04日

ベトナムの優秀な理工系大学生5,390人を簡単に見つけ出す方法

「SNSは人間検索エンジンになる」と予測したのは梅田望夫師匠ですが(『ウェブ進化論』)、これがすでに現実になっていることを、このベトナムの地で身にしみて認識しています。なにせ、優秀な人材がもう、山ほど見つかっちゃうんですから。

まず、日本とベトナムのSNSの違いは、
当然ですがベトナムではmixiは知られていないという点にあります。こちらのもっともメジャーなSNSはyahoo!360なんですが、これがmixiに比べて人間検索エンジンとして非常に役に立つのです。

理由は二つ。
一つは、yahoo!360は公開されているSNSなのです。パスワードがなくても見るだけなら誰でもできます。(コメントなどは会員にならなければできません)
もう一つは、yahoo!360なら、そのアカウント名から、そのままメールアドレスが分かるという点です。

たとえば私のページはこちらになります。
http://360.yahoo.com/midogonpapa (ベトナム語ですが)
で、最後の「midogonpapa」の部分に@yahoo.comをつなげば、それが連絡先になってしまうのですよ。

では、まず日本語が話せるか、あるいは学習中のベトナム人を検索してみましょう。
この場合、「tieng nhat」で検索すると便利です。これは「日本語」を意味するベトナム語です(本当はこれに記号がつくのですが、そうすると検索結果がなぜかゼロになってしまいます)

で、検索してみると、現時点で2,942人ものデータが集まります。簡単でしょ?

「tieng nhat」の検索結果(2942)
http://360.yahoo.com/search.html;_ylt=AjNH.FKSGXtgpiG6c75Yq4WqAOJ3?q=tieng+nhat&submit=Search&type=&.crumb=Mhv5yFNd/uD&form_submitted=search

しかし、これでは多すぎるし、どんな人なのかも分かりません。
で、まあ日系企業が採用のために検索すると仮定して、ベトナム最難関の大学の名前も加えて検索してみましょう。そうすると、52人の結果が出ます。

Foreign trade university Japanese(52)
http://360.yahoo.com/search.html;_ylt=AjNH.FKSGXtgpiG6c75Yq4WqAOJ3?q=Foreign+trade+university+Japanese&submit=Search&type=&.crumb=Mhv5yFNd/uD&form_submitted=search
ここで表示される人のほとんどは私の友人の友人ぐらいになるのですが(mixiのように「この人はあなたの友人の誰それさんの友人です」というような表示が出ます)、私が直接知っている学生に関しても、非常に優秀な人材ばかりですね。

つまり、上のリンクをクリックして表示されるのは、日本で言えば東京大学にあたるベトナム最難関の大学で日本語を学んでいる人たちなのです。

もしみなさんがベトナムが話せるとか、英語で充分という場合は、日本語の部分を削ってみれば、もっと大量に見つかります。貿易大学の学生と卒業生は5,540人も見つかりますよ。↓

Foreign Trade Universityの検索結果(5540)
http://360.yahoo.com/search.html;_ylt=AjNH.FKSGXtgpiG6c75Yq4WqAOJ3?q=Foreign+trade+university&submit=Search&type=&.crumb=Mhv5yFNd/uD&form_submitted=search
なお、「そんな名前の大学は世界にたくさんあるんじゃないか」と思われるのは当然ですが、最初に開かれる画面の8人は全員がベトナム人でした。これはyahoo!360がベトナムでしか成功しなかったという事情があるのでしょう。たとえば「Peking University」などと検索しても、出てくるのはベトナム人ばかりです。

で、ようやくここで表題の「理工系大学生」になるのですが、理工系の大学で最難関はハノイ工科大学とホーチミン市工科大学です。その検索結果はこちらです。両校合わせて5,390人。↓

hanoi university of technology(4372)
http://360.yahoo.com/search.html;_ylt=AjNH.FKSGXtgpiG6c75Yq4WqAOJ3?q=hanoi+university+of+technology&submit=Search&type=&.crumb=Mhv5yFNd/uD&form_submitted=search

HCMC university of technology(1018)
http://360.yahoo.com/search.html;_ylt=AjNH.FKSGXtgpiG6c75Yq4WqAOJ3?q=university+of+technology+HCMC&submit=Search&type=&.crumb=Mhv5yFNd/uD&form_submitted=search

ということで、もしみなさんがこれから途上国などの優秀な人材を必要としているなら、その国で有力なSNSを探すのが一番です。それさえ分かれば、人材を捜すのもネットワークを築くのも日本にいたままできるのです。バカみたいに高くて、ろくな人材を紹介してくれない派遣会社なんて、すぐに契約を切ってしまいなさいって。こんな情報、無料で手に入る時代なんですから。

10/6追記:この記事への関心が高いようなので、ハノイ工科大学の学生がソーラン節を踊っている動画をご紹介しておきます。



男子校的なド迫力と、工学系のオタクっぽさが絶妙なテーストを醸し出しています。

posted by 村上吉文 at 18:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
時々楽しく読ませていただいております。
HUTのよさこい、バカ受けしながら見せていただきました。
いいものをアップロードしてくださり、ありがとうございます。
Posted by matsuda at 2008年10月06日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック