2008年09月19日

『月刊日本語』10月号からおいでになったみなさんへ!



月刊 日本語 2008年 10月号からおいでの皆様。
今月もお買い上げをありがとうございました。
むらログの全編集員を代表して御礼を申し上げます(というか、私一人なんですが)。

今回は「パソコンルームが使えたら」というテーマで、双方向的なサイトを利用して、しかもそれを単なる遊びに終わらせないで学習に結びつける方法をご紹介しました。具体的な方法は月刊日本語の本文を見ていただくとして、本文に出てくるサイトだけをご紹介しておきます。

まず最初の「診断」の検索結果ですが、グーグルまで行って入力するのが面倒な人は以下をクリックすれば見られますよ。
http://www.google.co.jp/search?q=%e8%a8%ba%e6%96%ad

次に「人間研究所」はこちらです。
http://www55.channel.or.jp/human_labo/

「恋愛・人生 スベシ!診断」はこちらです。
http://seizo.inte.co.jp/beshi/

55ページで紹介している「リーディングシュウ太」の道具箱はこちらです。
http://language.tiu.ac.jp/tools.html
実は、この超便利なサイトを開発なさった川村先生が先日ベトナムのハノイで講演をなさいました。まだ言っていいのかわからないので伏せておきますが、なんだかスゴイ進化が近いうちにあるみたいですよ。(言ってるし)

最後に、「おすすめサイト」でご紹介している「適職トラベラー」はこちらです。
http://career.biglobe.ne.jp/shindan/traveler/

11月号ではmixiのちょっと変わった使い方やIP電話のスカイプなどもご紹介します。お楽しみに!

なお、私の連載「次世代教師の賢い手抜き術」は以下の各号で見られます。
posted by 村上吉文 at 07:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
村上先生、こんにちは。

ベトナムに到着されてから、大変お忙しいご様子ですね。

さて、この度は、「月刊日本語」を4月号からご紹介くださり、ありがとうございました。編集部を代表して御礼申し上げます。御礼を申し上げるのが遅くなってしまって申し訳ございませんでした。

11月号も、まもなく刊行です。楽しみです。
Posted by 編集者 at 2008年09月26日 11:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック