2008年07月21日

ネットからのコピペを4秒で見つける三つのルール

教育現場でのインターネットからの不正な転用について日経が「小学生も感想文をコピペ ネット丸写し横行で悩める教育界」という記事を書き、それをJ-castが「大学生から小学生まで 「ネットでコピペ病」蔓延」でもう少し詳しく書いています。

同じような内容は中島聡さんの「自分で考える前にググっていませんか?」や、たぶんトーマス・フリードマンの『フラット化する世界』にも載っていたような記憶があります。
が、これって「検索すればすぐ分かるじゃん」というのが普通にネットを使う人の感覚なんじゃないでしょうか。何が問題なのか、よく分かりません。

いや、そりゃもちろん、コピペはいけませんよ。でも、検索すればすぐに発見できるという点で、図書館からのコピペなんかに比べれば、はるかに対応は楽だと思うんですよね。実際、このブログの昨日のエントリーから、引用している部分のフレーズで検索してみた操作の動画をご覧ください。



引用元はFladdictさんのブログで、「多分攻撃色に染まった王蟲の大群みたいな攻撃から身を」というフレーズを選択してオペラの右クリックメニューから検索してみると、一瞬で引用元のページが見つかります。選択し始めてから結果が出るまで、たったの4秒。コピー&ペーストすら必要ないんですから。

もちろん、私の場合は正当な引用ですが、コピペしたレポートだって同じように見つかります。というか、私はそうやって見つけています。コースの最初には何人かクラスで犠牲者が出ますが、普通はそれで終わりますよ。学生だって、すぐにばれる不正をやり続けるほど頭は悪くないんだから。

ただ、こういうことは、誰でもどんな現場でもできるというわけではありませんので、それを可能にする三つのルールをご紹介します。

1.課題の提出はメールで行う。
2.メールはブラウザで見る。
3.ブラウザはオペラを使う。

と、まあ全然もったいぶるような内容ではないのですが、知らない人もいるようなので、以下にちょっと説明します。

1.課題の提出はメールで行う。
これはもちろん、検索しやすくするのが目的です。手書きのレポートを義務づけたってコピペしたものを提出できるわけですが、手書きの場合は見つけるのが困難です。ネットの利便性を相手にだけ与えているようなものですよね。もちろん、学内SNSなどでもブラウザで検索できる環境なら何でもいいです。

2.提出レポートはブラウザで見る。
これは、三番目のルールに必要だからです。でも、一瞬でネットを検索できるメーラーがあるなら、ブラウザじゃなくても全然かまわないでしょう。

ちなみに、私はGMAILを使っています。GMAILでは、ワードのドキュメントなども「ブラウザで見る」という機能がありますので、検索が簡単に行えます。もし、そういう機能のないウェブメールを使っているのなら、課題の提出の際に「レポートはメールの本文にベタ打ちで提出せよ」などと指定すればいいでしょう。

3.ブラウザはオペラを使う。
もちろん、オペラ以外でも検索が簡単にできれば何でもいいんですが。たとえばFirefoxなんかでも、アドオンをあとから26個ぐらい入れればオペラ並みのブラウザになるらしいですから、それでもいいでしょう。

これだけで、ネットからの簡単なコピペはすぐに撲滅できます。

それ以外に、やっておいたらいいかもしれないことは、レポートはすべてグーグルのデスクトップ検索の対象になるように保存しておくことぐらいでしょうか。これで、過去の受講者からのコピペも防げます。

ただ、基本的にはネットで調べればいい程度のレポートを課すのはやめた方がいいんじゃないかな、という気もしています。検索すれば情報は簡単に見つかる時代なんですから、それを前提にして、その情報をどう使うかを問うような課題を出すのが本来の姿なのではないでしょうか。たとえば、何らかの具体例を指定して、講義内容をそのケースにどう応用するかを問うとか。もっと単純な、覚えたかどうかを問うテストなら教室で筆記試験をすれば済むことだし。

ネットからのコピーが簡単になったのは事実ですが、それを見つけるのはもっと簡単になっているのです。ネットからのコピペに悩んでいるというのは、学生よりも教員の方がITリテラシーが低いということを告白しているようなものではありませんか?

中島さんのブログのコメント欄にも以下のような書き込みがありました。
課題の出し方が手抜です。ちょっと工夫すれば検索しただけでは答えがコピーできない(あるいは大量にいろんな事例を検索しないと論拠が出てこない)課題を与えることもできたのではと思います。
ググってできてしまう課題を出すほう問題というか時代に取り残されてしまっているのでは。


その他、この点については「考える前にもっとググっていいんだよ」や、「考える前にググれ、それから考えよ」「感想文とコピペ。てかその記事、尻切れトンボになってない?」なんかでも触れられています。
posted by 村上吉文 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック