2008年07月04日

語彙表からコピーフリーな美麗画像のURLを自動生成。

いままで「分身の術」「がんくつロボ」「FC一直線」などでご紹介してきた共通の枠組みになっている語彙表ですが、そのフォーマットに合わせて、今度はクリエイティブコモンズでコピー可となっている美麗画像のurlを自動生成するエクセルシート「印象派」を作りました。

残念ながら日本語の2ビットの文字はFlickrのurlにはならないので(wikipediaならできますが)、自動翻訳で英語になった部分を参照しています。

たとえば「木」だったら自動翻訳の部分には「tree」が入り、その美麗画像サムネイルのリストは以下のurlになります。
http://www.flickr.com/search/?q=tree&m=tags&s=int&l=cc&ss=0&ct=0&z=t
かならずいい写真が見つかるでしょう。繰り返しますが、ここの写真はすべてクリエイティブコモンズのライセンスになっていますので、いくらでもコピーできます。

以下に、「犬」と「猫」もあります。
http://www.flickr.com/search/?q=dog&m=tags&s=int&l=cc&ss=0&ct=1&z=t
http://www.flickr.com/search/?q=cat&m=tags&s=int&l=cc&ss=0&ct=2&z=t

そして、これらの写真をスライドショーで見せるurlはこちらです。

木 http://www.flickr.com/search/show/?q=tree&m=tags&s=int&z=t&l=cc&ss=0&ct=0

犬 http://www.flickr.com/search/show/?q=dog&m=tags&s=int&z=t&l=cc&ss=0&ct=1

猫 http://www.flickr.com/search/show/?q=cat&m=tags&s=int&z=t&l=cc&ss=0&ct=2

「さあ、これは何ですか」と聞いてから見せると、新出語彙の導入にも使えますね。
ARCS動機付けモデルで言えばAのattentionが強く、やる気のない学生を引きつける力もありそうです。

ただし、写真なので、向き不向きがあります。モノの名前とか、目に見える動作の動詞(「走る」など)は非常にいい結果が出ますが、「約束」のような抽象的な語彙は、しょうじき分かりません。

使い方は、「語彙表」のシートは「がんくつロボ」などと同様に入力し(あるいは「がんくつロボ」などから貼り付ける)、「写真」シートを開きます。

あとは、「slideshow」の欄にあるurlをコピーしてインターネットブラウザ(FireFoxとかインターネットエクスプローラーなど)のurl欄に貼り付けるだけです。「List」の欄のurlを貼り付けると、小さくなった写真の一覧が出てきます。

「印象派」のダウンロードはこちらから。
Impressionism01

本当は(マクロを使わずに)自動生成したurlをクリックするだけでこれが可能になるようにしたいんですが、ちょっと分かりませんでした。どなたか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非お知らせください。

2013年追記
最後に記した問題点を解決したバージョンはこちらです。
「印象派2.0」 http://mongolia.seesaa.net/article/125102746.html
posted by 村上吉文 at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック