2008年06月22日

日本で一番売れた歌、本、映画、ドラマ

日本語の授業で歌や本、映画などを使うと、学習者によく「これって日本では有名ですか」と聞かれますよね。単純に語学のリソースとして使うのなら別ですが、日本事情の一つとして使う場合は、日本人がよく知っていて、共通の話題にできるものがいいのは言うまでもありません。

と言いつつ、私の場合自分の好みで使っていることも多いので、一応、客観的な数字で代表を選んでみました。

まずは歌。
シングルなら「およげたいやきくん」の450万枚、アルバムならFirst loveの1,005万枚。

個人的には、アルバムに収録された同名曲が「日本で一番売れた歌」と言ってもいいのではないかと思います。

調べてみるまで「川の流れのように」が売上一番だと思っていたのですが、実は150万枚しか売れていないんですね。


続いて本
これは「窓ぎわのトットちゃん」。教育がテーマだし、何と言っても外国人向けに書かれたかのような読みやすい文体なので、日本語学校でも扱いやすそうですね。

個人的に面白いな、と思ったのは、「窓ぎわのトットちゃん」のウィキペディア各言語へのリンクです。英語、フランス語、韓国語、中国語までは、まあ分かるのですが、スペイン語とかタイ語などがないのに、ベトナム語があります。さらに驚くのはマラヤーラム語でも記述があるのです。これ、インドの南端の小さな州なのですが、いったいどんな人が書いたんでしょうね。履歴を見ると7人が編集に関わっていることが分かります。

実を言うと戦前に「家庭に於ける實際的看護の秘訣」という本が一千万部も売れているそうなんですが、除外しました。ちなみに、今世紀に入ってからに限定すれば、バカの壁が一位です。

また、シリーズ作品では漫画のワンピースが一位です。全50巻(現時点)の合計では「トットちゃん」の二倍以上です。


次に映画。
これは多くの人が知っていると思いますが、もちろん「千と千尋の神隠し」ですね。テレビで放映された映画の視聴率としても第一位だそうです。資料

「アニメはちょっと・・・」という人向けの実写部門では、踊る大捜査線シリーズTHE_MOVIE_2_レインボーブリッジを封鎖せよ!が一位だそうです。これ、来年に三作目が公開されるので楽しみですね。

ちなみに、このシリーズは日本事情の教材としても非常に優れていて、踊る大捜査線に学ぶ組織論入門なんていう本も出ています。私も授業で使っいたことがあります。そのときの学生ウィキはこちら


最後にドラマです。
視聴率で一番高かったのは「積木くずし」最終回の45.3%ですが、四半世紀も前の数字で、見た人の少なからぬ数が他界していることを考えると、二位の「ビューティフル・ライフ」が実質的に一位だと言っていいかもしれませんね。私はこの年、TWというオフロードのバイクに乗っていたのですが、このドラマの影響(キムタクの愛車)で急に人気が集まってしまい、放映期間中に盗まれてしまったという苦い思い出があります。いや、別にいいんですが。

ドラマの視聴率資料
http://www.videor.co.jp/data/ratedata/junre/01drama.htm

ということで、歌なら「First love」、映画なら「千と千尋の神隠し」、ドラマなら「ビューティフル・ライフ」、本なら「窓際のトットちゃん」が一般的におすすめではないかと思います。

その他、ウィキペディアのベストセラーの欄にいろいろ載っています。

posted by 村上吉文 at 07:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
よく、このブログ読んでます。今回文字化けして読めないのが、気になって、メールします。
Posted by りん at 2008年07月01日 10:09
変ですね。私もこのページだけ携帯で見ると文字化けしてしまっています。パソコンで見る分には問題ないのですが。もしかして、リンさんもパソコンですか?

ということで、携帯の人用に、まったく同じ内容をscribdにあげておきました。
http://www.scribd.com/doc/3743576/
こちらも文字化けしていたら、おっしゃってください。

とりいそぎ。
Posted by 村上吉文 at 2008年07月01日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック