2008年06月13日

講演「疾走せよ! 次世代型光速学習法」実施の報告

大東文化大学の学生のみなさん。

昨日は長い講演におつきあいくださり、ありがとうございました。
ここにプレゼン資料と、講演動画を置いておきます。
最後に、ご紹介したエクセルのツールもリンクを張ります。

まずは、話の前振りというか、講演の予定について話しているところです。

この動画の途中で、以下のプレゼンに入ります。「学習の高速道路」とは何かについて。


上のプレゼンの続き。プレゼンに書いてありますが、ここでは「学習の高速道路」の要素を「専門知識が簡単に入手できる」「同じ志向性の人と交流できる」「学習した技術を実践できる」の三点としています。先日ご紹介した「LITE」も実践しています。


先日ご紹介した「LITE」も実践しています。

この動画の途中から以下のスライドに入ります。

上のスライドの続きです。

続きです。高速道路を疾走する師弟たちでご紹介した、ロールモデルのブックマークを追いかける手法を梅田望夫さんのブックマークでご紹介しました。

さらに続きです。

上の動画の途中から以下のスライドに入ります。

概論はここまで。どうも梅田さんの受け売りが多くて恥ずかしいですね。
続いて語学学習の応用に関するスライドです。こちらは完全に私のオリジナルです。

動画はこちら。

上の動画の続きです。

上の動画の途中から質疑応答に入っています。その続き。


ということで、簡単ですが昨日の講演の様子をお伝えしました。

のちほど、動画で紹介しているエクセルのツールをこのエントリーでご紹介します。

なお、紹介する予定だったのに紹介できなかった動機付けモデルについてはこちらにかきましたのでご笑覧ください。

posted by 村上吉文 at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック