2019年10月12日

コンテンツから学ぶならファンタジーのほうが無難かも

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

ハリーポッターなどのファンタジーを外国語で読むことに対して、その世界にしか存在しない特殊な用語が使われていて、それらは辞書では調べることができないのでファンタジーは難しいという主張があります。実際それはもっともだと思う時もあります。

しかしその一方で、ファンタジー世界が舞台になっているコンテンツでは、それらの用語はそのコンテンツの中で説明されているという利点があります。ですので、自分のレベルに合った内容を読んでいる限り、それほど大きな問題にはならないように僕は認識しています。

なぜこのようなことを考えたのかと言うと、続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:57 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加