2019年09月16日

ICT化は国民の生死に関わる

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

僕は政治には口出ししたくないんですが、これはいくつもの、もしかしたら年間何千もの命がかかっていて、 でもそれに対する危機感があまりにもないような状況なので、例外的に口を出します。

今月12日の記者会見で、竹本直一IT担当相は行政手続きのデジタル化と書面に押印する「はんこ文化」の両立を目指す考えを示したそうです。続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:27 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月12日

VRの勉強をして海外ルーツの子どもたちの日本語教育を支援しよう!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

引用させていただいた方などにはもうすでにお知らせしておりますが、このブログで7月と8月に固めて書いた VR 技術と教育の関係についての十本の記事を、まとめて Kindle の本にしました。

この本の収益の全額(定価の70%)を、いつものように「海外にルーツを持つ子どもと若者のための日本語教育・学習支援事業」を実施しているNPO法人YSCグローバル・スクール(青少年自立援助センター) に寄付いたします。

まずこの本の「はじめに」にどうして僕がこの本を書こうと思ったのかを説明していますので、そのまま引用させていただきます。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:09 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月08日

ソーシャルVRによる言語習得の現在と未来

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も警察署に入るのを断られて「I’ll be back.」と言い残してからトラックを探していますか?

日本では文化庁の日本語教育大会の二日目が台風のせいで中止になってしまったようで、お金を払って東京まで来た人たちの怨嗟の声がソーシャルメディアにあふれていますが、 主催者には届いているでしょうか。このようなリスクを防ぐには、オンラインで中継するということを最初から予定していれば良かったのではないかと思います。特に国家機密を扱うようなイベントでもありませんし、僕でよかったら来年は協力しますよ。

さて、これまで2回にわたり、語学教育における VR の未来の姿をあくまでも僕の主観に基づいてご紹介してきました。教科書的に VR を使う場合と、コンテンツを楽しみながら語学習得をする場合です。今日はこのシリーズの3回目として、ソーシャルメディアを活用した言語習得を VR の面から考えてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:36 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月07日

コンテンツを楽しみながらVRで言語を習得できるか

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

前回は教科書的なVRの使い方をご紹介しました。しかし、このブログではいつも申し上げていますが、もはや語学学習に教科書は必要不可欠というわけではありません。そこで今回は教科書を使わずにエンターテイメント用のコンテンツを中心に語学を習得するCBLL, Content-Based Language Learning においてVRにどのような可能性があるかを考えてみたいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:11 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月03日

語学教科書的なVRの使い方

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もジェダイの書を読みながらフォースの稽古をしていますか?

さて、9月1日はカナダでは労働者の日で、この週末は3連休になるので、今日は語学教師にとってのVR の使い方について考えてみました。

VR と言うと、体験したことはなくても『レディプレイヤーワン』という映画を見たことがある人も多いのではないかと思います。スティーブン・スピルバーグ監督の作品で、 VR 技術が普及している2025年が舞台になっています。実は映画の中には出てこないのですが、原作の小説の中には、学校の場面があります。そして驚くべきことに、続きを読む
posted by 村上吉文 at 11:17 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月02日

カナダでもホームスクーリングの方が成績がいい

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日も惑星カミーノに潜入して大量生産される全員同じ顔のクローン兵を目撃していますか?

実はこれはオリジナルの論文が確認できていないのでブログには掲載していなかったのですが、 子供達の自殺のピークの時期なので、載せておきます。タイトルの通りカナダでもホームスクーリングの方が成績がいいという記事です。

元の記事は続きを読む
posted by 村上吉文 at 01:41 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加