2019年07月22日

LGBTと敬虔な信徒が共存するために

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、先月、僕の職場でジェンダーに関するオンライン講演会を開きました。参加してくださいました方、どうもありがとうございました。その後、何度かオンラインでちょっと気になる意見を見かけたので、今日はその事について書いてみたいと思います。

それは同じ教室に LGBT の人と、LGBTを認めない宗教的な人がいたらどうするのだという懸念です。これに対して何人かの日本語教育関係者が、「どうすればいいかわからない」と言う意見を表明しています。実を言うと、僕自身もジェンダーの面ではマイノリティではないし、宗教的でもないので、自分の立場として意見を言うことはできません。

ただ、その教室の責任者として日本語を教える場合、何か問題が起きた時に、見て見ぬふりをすることはできませんよね。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:23 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

教員の家庭とそうでない家庭でホームスクーリングの学力に差が出ない理由

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もイスカンダルに向けてワープしていますか?

さて、以前「むらログ: ホームスクーリングの方が正しい理由と根拠」という記事で触れたレイ博士の論文には、以下のような部分があります。(ブログでは引用しませんでしたが)

Teaching certification of homeschool parents is not related to their children’s academic achievement.
私訳:ホームスクーラーの保護者の教員の資格は子供の学力と関係がない。


最初にこの記事を読んだ時はちょっと違和感がありました。というのも、この反対はありえないからです。普通のサラリーマンや主婦を学校にまねいて「今日一日このクラスの担任をお願いします」と言ったらかなりカオスなことになるでしょう。僕も3年間学校の先生をしていたので、その辺りは断言できます。

ただ最近いろいろ考えているうちに、実はこうした調査結果には何の不思議もないのかもしれないと思うようになりました。というのも、続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:02 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加