2019年03月26日

1000ドルの鉛筆の先に見えてくるもの「SAMRモデル」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

6日間の長い出張が終わって、これからエドモントンに戻るところです。もうオタワの空港に着いたんですが、搭乗時間までまだ1時間ぐらいあるので、またブログを書いてみたいと思います。ちなみに今回の出張ではパソコンを持ってこないでiPhoneとiPadだけでどのぐらいできるかに挑戦しているんですが、6日目ぐらいになってくると、キーボードショートカットが使えなくてもiPadでもそれなりに効率的に仕事ができるんじゃないかという気もしてきました。少なくともアプリケーションの切り替え等は、iPadを横長に持って、左側の親指でホームボタンを二度押ししながら、右手の親指で開きたいアプリをタップすると、パソコンのキーボードでコントロールキーとタブキーでアプリ間を移動するような感じで素早く移動できますね。iPadを縦長で持っているとまだちょっと難しいですが、横長に持って両手で持つというスタイルなら結構いけるかもしれません。文字入力はもちろん音声入力です。

さて本題ですが、先日、「ICTは教育にとって手段に過ぎない・・・のか?」と言うブログ記事を書きました。そしてそれをTwitterでシェアしたときに、どのぐらいの方が共感してくれるかを例のTwitterアンケートで聞いてみたところ、実は3割程度の方しか共感してくれず、ちょっとがっかりしています。続きを読む
posted by 村上吉文 at 21:18 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加