2019年01月14日

父が最後に教えてくれたこと 在宅医療とホームスクーリング

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて前の記事にも書いたように、昨年末に父が亡くなりまして、その際に僕自身が全く知らなかった社会の色々な部分を体験することができました。実際には父が教えてくれたわけではありませんが、父のおかげで体験することができたという意味で、ここでは父が最後に教えてくれたこととしておきます。

前の記事ではかなりネガティブなことを書いてしまいましたが、父を看取ることによって見えてきたのは実はそれだけではありません。続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:06 | ホームスクーリング | このエントリーをはてなブックマークに追加