2018年03月05日

作文を自分の母語から翻訳するのは悪いことなのか?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018.jpg

冒険家の皆さん、今日も飛行船の中で飛行石を持った女の子にワインのボトルで頭を殴られていますか? 

こちらはカルガリー国際空港です。飛行船じゃなくて飛行機を待ちながらこれを書いています。ちなみに飛行石も追いかけていません。つーか、あれって冒険家じゃないよね。

さて、会話と違って「ものを書く」という作業は、リアルタイム性があまり求められません。つまり準備に時間をかけることができます。会話の場合は辞書で調べるよりも「それはどんな意味ですか」と相手に聞いたりする方がいいでしょうし、もちろん自分の母語で考えてからそれを学習言語に翻訳して相手に返事をするというようなことは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:52 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加