2018年03月31日

佐々木俊尚「広く弱くつながって生きる」

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

佐々木俊尚さんの新刊「広く弱くつながって生きる」を読んで、久しぶりに読書の楽しさを思い出しました。最近は英語の勉強が必要なので、日本語の本を読まないようにしていたら、いつの間にか読書の時間自体が減ってしまっていたのです。佐々木さんの本は別にエンターテイメントの本ではないんですが、読んでいて非常に心地よいんですよね。続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:02 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月28日

個人の日本語教師は3万人?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (19).png

冒険家の皆さん、今日も敵対勢力に追われて絶壁から谷底の川に落ちて助かったと思ったら少しずつ滝に近づいていて焦っていますか?

さて、もうずいぶん前になるのですが、今年の2月18日から一週間にわたって、Twitter で日本語教師を対象に「学校で教えているのか、あるいは個人で教えているのか」というアンケートを行ったことがあります。ご回答くださった皆様、ありがとうございました。

この時のアンケートでは、個人で教えている人が16%k、個人でも学校でも教えているという人が18%いて、残りの66%が教育機関のみで教えているとのことでした。続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:30 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月22日

教師研修はもう「オンラインでの学び方」だけにしません?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


Swiss2018 なぜテクノロジーを利用するのか.png

冒険家の皆さん、今日も熱気球でアルプス山脈を横断していますか?

さて、先週末はスイスで教師研修を行ってきました。スイス日本語教師会の皆さんが招待してくださったのです。スイスの皆様、ありがとうございました。

会場のベルンに着いたのは前夜のもうかなり遅い時間だったのですが、カナダの時刻ではまだ真っ昼間だったので、役員の皆様からいろいろ話を聞く時間を作っていただきました。

そこで出てきた話が、続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:22 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月14日

行動中心アプローチでは文型が多すぎて大変?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018 (1).png

冒険家の皆さん、今日も月の砂漠をはるばると旅のらくだに揺られていますか?

さて、行動中心アプローチでは、よく「1つのレッスンで扱う文型の数が多すぎる」という声を聞くことがあります。あまり記憶にないのですが、もしかしたら僕自身もそんなことを言ったことがあるかもしれません。

もう何ヶ月か前になるのですが、やはり同じようなことをおっしゃる方に話を聞いたので、昔の自分へのアドバイスという意味も含めて、改めてここに記しておきたいと思います。

行動中心アプローチで「扱う文型が多すぎて大変」という批判は、続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:54 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月05日

作文を自分の母語から翻訳するのは悪いことなのか?

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


画像2018.jpg

冒険家の皆さん、今日も飛行船の中で飛行石を持った女の子にワインのボトルで頭を殴られていますか? 

こちらはカルガリー国際空港です。飛行船じゃなくて飛行機を待ちながらこれを書いています。ちなみに飛行石も追いかけていません。つーか、あれって冒険家じゃないよね。

さて、会話と違って「ものを書く」という作業は、リアルタイム性があまり求められません。つまり準備に時間をかけることができます。会話の場合は辞書で調べるよりも「それはどんな意味ですか」と相手に聞いたりする方がいいでしょうし、もちろん自分の母語で考えてからそれを学習言語に翻訳して相手に返事をするというようなことは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 08:52 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加